汎用型自作PCまとめ

当ブログは2ちゃんねるから「自作PC」「ITニュース」「ガジェットネタ」などをお届けするサイトです。

    マザーボード

    コメント(0)  
    01_l

    801: Socket774 2018/01/10(水) 01:17:14.23 ID:LcfzzCFz.net
    NZXTが初のマザーボード出すみたいだ。Z370で

     NZXTは9日(現地時間)、Intel Z370チップセット搭載のATXマザーボード「N7 Z370」を発表した。米国直販価格は299.99ドルで、国内発売は未定。

     N7 Z370は、同社初となるマザーボード製品。フルカバーの金属製ヒートシンクで覆われているのが特徴で、マットホワイトとマットブラックの2色を用意する。別売で光沢のある青、赤、紫のヒートシンクカバーも発売する(直販価格14.99ドル)。

     機能面では、マイクによる動作音検知と機械学習によってファンノイズを最適化する「Adaptive Noise Reduction」を含め、同社の発売するファンコントローラ「GRID+」や、LEDコントローラ「HUE+」の機能を搭載しており、両製品同様に独自ソフトウェア「CAM」から制御できる。

    https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1100289.html


    802: Socket774 2018/01/10(水) 01:19:29.26 ID:pFCj3AF7.net
    また時期の悪いCPUのマサボ作っちゃったもんだな

    画像の説明文

    コメント(0)  
    1: 名無しさん@涙目です。 NG NG BE:422186189-PLT(12015).net
     株式会社アイティーシーは、Colorful製の仮想通貨マイニング向けIntel B250マザーボード「C.B250A-BTC PRO V20」を23日に発売する。

    1_l

    価格はオープンプライスで、店頭予想価格は14,980円前後の見込み。

    最大12枚のビデオカードの接続が可能なIntel B250マザーボードで、GPUを用いた仮想通貨マイニングに好適としている。本製品がもっともユニークなのは、ビデオカードとの接続に、USB 3.0ポートを転用したPCI Express接続を用いている点だ。

    ATXフォームファクタの拡張スロットは最大7基であり、2スロット占有のビデオカードを複数枚接続する場合、延長ケーブルが必要となる。多くの延長ケーブル製品は、PCI Express x1スロットをいったんUSB 3.0コネクタに変換して、USB 3.0ケーブルを用いて延長/転送、ビデオカード接続のスロットで再変換を行なう。

    その一方で、本製品はあらかじめ6基のPCI Express x1を、USB 3.0コネクタの形でオンボードに実装している。このため部品点数を減らすことが可能となり、信頼性向上に寄与すると見られる。ピン配置は不明だが、同社は「UPCIEスロット」と呼んでいる。

    これまで、日本国内向けにもマイニング向けマザーボードは多数発表されているが、いずれもPCI Express x1コネクタを用いていた。USB 3.0コネクタ直接転用したのは本製品が初と見られる。

    https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1098138.html

    2: 名無しさん@涙目です。 2017/12/25(月) 12:25:00.49 ID:yIuMd9I+0.net
    今時、マイニングの投資に見合うだけのリターンがあるのか疑問。

    画像の説明文

    スポンサードリンク

    このページのトップヘ