汎用型自作PCまとめ

当ブログは2ちゃんねるから「自作PC」「ITニュース」「ガジェットネタ」などをお届けするサイトです。

    プログラミング,マ,SE

    コメント(0)  
    javaee1

    1: ノチラ ★ 2017/08/18(金) 19:32:31.42 ID:CAP_USER.net
    「Java EE 8」プラットフォームの完成が見えてきているが、Oracleは米国時間8月17日に、Java EEのテクノロジをいずれかのオープンソース組織に移管する可能性について触れた。

     Oracleはブログ記事の中で、この動きについて、「より機動的プロセスを取り入れ、より柔軟なライセンス形式を実現し、ガバナンスのプロセスを変えるための次のステップとしては適切かもしれない」と述べている。

     同社は、候補となる複数の組織や、ライセンス使用者、コミュニティとその可能性について探っていくとしている。また同社は、既存のJava EEの実装と今後のJava EE 8の実装のサポートを継続し、将来のJava EE技術の発展にも参加するという。

     Java EEはエンタープライズアプリケーション開発のための一連のオープン標準として大きな成功を収めたが、一部の熱心な支持者やアナリストは、Java EEは軽量なフレームワークを好むようになっている開発者の傾向や、アーキテクチャのトレンドについて行けていないと指摘している。

     Oracleのブログ記事でも、「Java EEは、Java EEコミュニティの参加するオープンソースとして開発されたが、そのプロセスは、特にほかのオープンソースコミュニティと比較すると、機動性、柔軟性、オープンさを十分に備えていないと見られることも多い。この状況を改善したい」と述べている。

     2016年にはJava EEコミュニティの間で、このフレームワークに関するOracleの推進力が弱まっているという懸念が広まり、Java EEを守り、発展させるためのJava EE Guardiansが立ち上げられた。Java EE Guardiansの一部のメンバーは、Java EEをほかの組織へ移管するという考えについて議論していた。
    https://japan.zdnet.com/article/35105955/
    3: 名刺は切らしておりまして 2017/08/18(金) 19:45:57.51 ID:ns26tqX/.net
    結局放り投げたか
    画像の説明文

    コメント(0)  
    Ruby-logo-notext

    1: ノチラ ★ 2017/08/17(木) 11:08:44.78 ID:CAP_USER.net
    しまねソフト研究開発センター(ITOC、松江市)は地元発のプログラミング言語「Ruby(ルビー)」の進化版を小規模河川の水位計測に応用する実証実験を始めた。全国で大雨による河川氾濫の被害が生じており、消費電力が少なく小型の精密計測器による観測システムの構築を目指す。11月までに新バージョンを開発し、展示会などで採用を訴える。

     このプログラミング言語は「mruby/c(エムルビースラッシュシー)」…
    http://www.nikkei.com/article/DGXLZO20052520W7A810C1LC0000/
    4: 名刺は切らしておりまして 2017/08/17(木) 11:16:44.14 ID:u+GJMX0Q.net
    進化版じゃなくて軽量版な
    画像の説明文

    コメント(1)  
    507473994

    1: ノチラ ★ 2017/07/27(木) 08:59:48.36 ID:CAP_USER.net
    技術職として長く経験を積み、ベテランの域に入り始める40代エンジニア。日経BP社の技術系媒体が実施した「エンジニア転職意識調査」の結果から、この世代の転職観を探る。

     調査では、「転職する場合に重視する点」として優先度の高いもの5つを尋ねた。全年代の中で、40代の割合が最も高かった項目が「給与」だ。給与を重視する人は世代を問わず多いが、その中でも40代が86%と最多だった(図1)。

    http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/071900119/072500006/gr05.jpg?__scale=w:450,h:253&_sh=0140c00b03

    生活の安定を保つ上で、40代にとって給与は重要なポイントだろう。ただ自由意見からは、エンジニアとしての自分の価値を測る指標として、給与を捉えている様子もうかがえる。スキルや経験を積んできた自分を正当に評価してほしい、そのために適正な給与を求めたい、といった思いがあるのだろう。

     それを感じられる声の一つを紹介しよう。「入社以来ずっとソフトウエア関係の仕事をしてきた。インドに駐在したこともあるし、今は米国ベンチャーに派遣されている。しかし、年収はヒラ社員の上限に張り付いたまま、10年以上上がっていない。給与システムが変わりそうにもなく、早く転職すべきだったと後悔している」(IT:システム・ソフトウエア開発、40代)。キャリアを高めたにもかかわらず、それに見合う給与が得られていないと感じているようだ。

     この年代から「技術を持ったエンジニアは、貪欲に自分の理想の環境を作り上げていくべきだ」(IT:システム・ソフトウエア企画、40代)との声が寄せられたのも印象的だ。技術力の高いエンジニアは、自分が求める転職先を強気に探すべしとのメッセージが感じられる。
    http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/071900119/072500006/
    3: 名刺は切らしておりまして 2017/07/27(木) 09:14:52.73 ID:Ujpq/Nx5.net
    え、40代?
    若くて安価な20代を数年雇ってどんどん入れ替える方がコスパ良い
    人件費抜きで考えても錆びついたものよりフレッシュなエンジンの方が生産性高い
    商売なんでね

    画像の説明文

    スポンサードリンク

    このページのトップヘ