汎用型自作PCまとめ

当ブログは2ちゃんねるから「自作PC」「ITニュース」「ガジェットネタ」などをお届けするサイトです。

    SNS&Webサービス

    コメント(0)  
    instagram-ad_head

    1: ノチラ ★ 2017/10/03(火) 17:30:06.33 ID:CAP_USER.net
    米フェイスブック傘下の写真共有アプリ「インスタグラム」は3日、日本での月間利用者数が2000万人を超えたと発表した。昨年末から25%増と大きく伸びた。世界全体では8億人の利用者を抱える。3日、日本経済新聞のインタビューに応じた同社幹部は、インスタグラムとネット通販とを連携させるサービスを日本でも準備していることを明らかにした。

    ■「インスタ映え」がブーム

     利用者数は同日、都内で開催した広告主向けの…
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO21819200T01C17A0000000/

    4: 名刺は切らしておりまして 2017/10/03(火) 17:50:55.82 ID:Tb9qjKuf.net
    インスタ映えだー((o(^∇^)o))

    画像の説明文

    コメント(0)  
    radikojp_logo

    1: ノチラ ★ 2017/10/02(月) 22:04:32.66 ID:CAP_USER.net
    radikoが2017年10月2日の正午を目途に、実験的にNHKラジオの配信を開始する。radikoでNHKラジオを配信するのは初の試みだ。これまでPCやスマートフォンでNHKラジオを聴きたい場合、NHKネットラジオ「らじる★らじる」を利用する必要があったが、これでNHKと民放のラジオ番組、どちらもラジコという一つのIPサイマルラジオサービスを使ってシームレスに楽しめるようになる。

    今回の試みは、日本民間放送連盟(民放連)とNHKが実施する「NHK・民放連協同ラジオキャンペーン」の一環で行われるもので、残念ながら期間限定・エリア限定だ(配信期間は、2017年10月2日から翌年2018年3月30日まで)。

    NHKラジオの配信は、無料で聴取できる配信エリア内でのライブ(同時配信)のみとなっており、過去1週間以内に放送された番組を後から聞くことができる「タイムフリー機能」や、有料サービスである「エリアフリー聴取」(配信エリア外の番組を聴取できる)には対応しない。
    配信エリアは以下の5エリア。NHKラジオ第2は全エリア同一コンテンツが配信されるが、NHKラジオ第1とNHK FMに関してはそれぞれのエリア別のコンテンツが配信される。
    配信エリア
    ・関東広域(1都6県)
    ・福岡県域
    ・宮城県域
    ・広島県域
    ・愛媛県域

    現在radikoは民放ラジオ86局と放送大学が参加し、月間ユニークユーザー数1,000万人、日間ユニークユーザー数100万人を超えている。
    有料ではあるが全国の番組を聴取でき、2016年10月からは過去の番組を遡って聴けるようになったradikoは、ラジオを聴く手段として既に広く認知されていると言えよう。
    http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/51132

    2: 名刺は切らしておりまして 2017/10/02(月) 22:10:19.70 ID:wmOK2gT8.net
    やめろや
    受信料とられる

    画像の説明文

    コメント(0)  
    600x400

    1: 名無しさん@涙目です。 NG NG BE:844761558-PLT(13051).net
    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1710/01/news010.html
    2017年10月01日 07時00分 公開
    「FF外から失礼します」――最近、こんなフレーズをよく見かけるようになった。
    [村上万純,ITmedia]

     「FF外から失礼します」

     最近、Twitter上でこのフレーズを見かける機会が増えたのではないでしょうか。
    「Yahoo!リアルタイム検索」で、過去30日間のツイート数を調べると、8月30日だけで「FF外から失礼します」が2万6658件もツイートされていることが分かります。1日に1万ツイートを超えている日も10日間以上あり、1つの文化として定着し始めているのが伺えます。

     これは「Twitter上で誰かにリプライを送るときのあいさつ」とされており、広く拡散されているツイートに対するリプライの冒頭などによく見られます。実際にこのあいさつと共に知らない人からリプライをもらったという人もいるでしょう。

     海外メディアの間では“丁寧なネットスラング”(関連記事)として紹介されたこともありますが、そもそも「FF」とは何を指すのでしょうか。初めて見る人の中には「FF? ファイナルファンタジーのこと?」と、有名なゲームタイトルに関する事柄と勘違いする人もいますが、FFは「フォロー・フォロワー関係」を指しています。また「FF外」という言葉から、Twitter上の人間関係を「FF内/FF外」と暗に分けていることが伺えます。

     一方で、「Twitterとは本来オープンに話をする場なので、このあいさつは不要では?」と考える人たちもいます。こうした意識の違いは、Twitterというツールに対する考え方の違いがそのまま表れているように思います。「オープンでフラットな場であり、知らない人とも気軽に交流できるのがTwitterの魅力だから、礼儀さえあればそのようなあいさつは不要」「いや、自分の意思でフォロー・フォロワー関係を作っているのだから、知らない人に話しかけるときはひと言断るのがマナーだろう」――こういった具合に、両者の考えは異なります。

     各ユーザーがそれぞれTwitterに対する考えを持ち、自分なりの使い方をしている分には問題ないですが、それをほかの人に強要したり、直接問題提起したりすることで両者に軋轢(あつれき)が生まれているのです。

    5: 名無しさん@涙目です。 2017/10/01(日) 15:24:45.48 ID:m9uWF3cd0.net
    礼儀を押し付ける日本の悪い癖だよな

    画像の説明文

    コメント(0)  
    apple-touch-icon-192x192

    1: ノチラ ★ 2017/09/27(水) 07:57:40.72 ID:CAP_USER.net
     Twitterは9月27日、ツイートの文字制限数を現在の140文字から280文字に拡大するテストを行うと発表した。日本語、中国語、韓国語は対象外。全ユーザーの5%を対象に約4~6週間実施するという。

    なぜ280文字に拡大するのか。日本語を除外する理由は何か――背景には、各言語の「密度」の違いがあるという。

     Twitterの調査によれば、140文字に伝えたい情報を詰め込むのが難しく感じられる言語ではツイート数が少ない一方、“詰め込み感”が低い言語ではツイート回数が多い傾向が分かったという。

     また、英語でツイートするユーザーは、日本語のユーザーよりも「文字数制限にフラストレーションを感じている」とも指摘。日本語の全ツイート量のうち、文字数が上限140文字に達しているのは0.4%だったが、英語では9%が140文字に達していた。日本語ツイートのほとんどは15文字だったが、英語では34文字が多くを占めた。

     「Twitterは簡潔であるべき」という考えはそのまま、こうした言語での“詰め込み感”を軽減するため試験的に拡大する。テスト結果やユーザーの意見をもとに「皆さんが利用しやすい方法を考える」としている。

     Twitter Japan広報部は「長い間Twitterを利用している皆さんの多くは140文字ということに思い入れがあるかもしれない。私たち社員もそのように感じている」としつつ、「この変化によってもたらされるものを見て、新しいけれどもTwitterらしい簡潔さを保つのが良いと考えた」としている。
    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1709/27/news042.html

    2: 名刺は切らしておりまして 2017/09/27(水) 08:03:41.98 ID:rxaabgGh.net
    これはいいね

    画像の説明文

    コメント(3)  
    images

    1: 経理の智子 ★ 2017/09/26(火) 22:24:13.56 ID:CAP_USER9.net
    NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は9月25日、同社の総合リスク・マネジメント・サービスである「WideAngle」のマネージド・セキュリティ・サービスの新メニューとして、悪性サイト情報サービスである「Active Blacklist Threat Intelligence」(アクティブ ブラックリスト スレット インテリジェンス)を提供開始した。

    価格は、初期費用が無料、月額費用が32万円(税別)。

    新メニューでは、国内の企業や官公庁が導入しているセキュリティ機器などで検知したサイバー攻撃情報を、セキュリティ・オペレーション・センターの分析基盤に収集、同社独自の手法で悪性サイト情報を精査しブラックリスト化するという。

    このブラックリストをユーザー企業のネットワーク機器に自動取り組み可能な形式でリアルタイムに提供することで、ユーザー企業は新しく発見した悪性サイトとの通信を速やかに遮断できるとしている。

    国内の企業や官公庁が狙われる可能性の高い新しいサイバー攻撃に対して予防型の対策を講じることができ、自社のICT環境の防衛力を強化できると同社はいう。

    ブラックリストによる悪性サイトへの通信の遮断に関して、同社が提供する悪性サイト情報と市販製品を比較すると、5~30%の情報が市販製品では検知できていない同社が独自に精査し収集した情報だという。

    さらに、無害なサイト情報は除外することで高精度なブラックリストを提供するとしている。

    http://news.mynavi.jp/news/2017/09/26/206/

    5: 名無しさん@1周年 2017/09/26(火) 22:27:56.10 ID:+9pWm1n+0.net
    >>1
    月額費用が32万円(税別)…

    ここが一番悪質だろ

    画像の説明文

    スポンサードリンク

    このページのトップヘ