汎用型自作PCまとめ

当ブログは2ちゃんねるから「自作PC」「ITニュース」「ガジェットネタ」などをお届けするサイトです。

    その他

    コメント(0)  
    1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2018/01/15(月) 15:36:29.34 ID:CAP_USER.net
     GPDが兼ねてより予告していたポータブルWindowsゲーム機「GPD WIN 2」が、クラウドファンディングサイトIndiegogoに登場した。製品を入手できる最小出資額は599ドル。10万ドルの資金目標に対して、11時20分現在で272%の達成となっている。出荷時期は2018年5月を予定している。なお、通常販売価格は899ドルだ。

    1_o


     既報のとおり、GPD WINの後継となるモデルで、アルプス製のジョイパッド、2つのバイブレーションモーターによるフォースフィードバック、L1/2/3、R1/2/3の装備などが特徴。放熱を高めた純銅放熱モジュールで、最大15WのTDPに対応する。ファンは2,000~1万rpmで自動的に変化する。

     素材はマグネシウム/アルミニウム合金を採用。中央の黒いパーツはABS樹脂製で、亜鉛合金製のパーツに換装したり、オリジナルのステッカーを貼ってデコレーションしたりできる。一方、筐体側は軽量性を実現するためにABS樹脂を採用し、UVコーティングを施した。

     そのほかのおもな仕様は、CPUにCore m3-7Y30(1GHz、Intel HD Graphics 615)、メモリ8GB(LPDDR3-1866)、128GB M.2 SSD(SATA 6Gbps接続、ユーザーで換装可能)、1,280×720ドット表示対応6型シャープ製インセル液晶ディスプレイ(左右の視野角は178度、Gorilla Glass 4つき)、OSにWindows 10 Homeなどを搭載する。

     インターフェイスは、USB 3.0×2(うち1基はType-C)、Micro HDMI、microSDカードスロット、IEEE 802.11ac対応無線LAN、Bluetooth 4.2、音声入出力などを備える。

     本体サイズは162×99×25mm(幅×奥行き×高さ)、重量は460g。バッテリは4,900mAh×2(合計9,800mAh、37.24Wh)。USB PD 2.0による充電に対応し、0%から50%への充電を30分間で行なえる。

     なお、日本での販売代理店としては、株式会社天空が予約販売を決定している。ニュースリリースで用意されているフォームに名前とメールアドレスを登録することで、後日、価格や予約開始時期などの予約情報が送られる。今回、天空のご協力を得て、GPDのWade社長のインタビュー記事も掲載したので、そちらも合わせてご覧いただきたい。
    https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1097345.html
    (かなり踏み込んだ内容です)

    サイトはこちら
    GPD WIN 2: Handheld Game Console for AAA Games | Indiegogo (15時30分現在出資率650%)
    https://www.indiegogo.com/projects/gpd-win-2-handheld-game-console-for-aaa-games-laptop#/
    株式会社天空、GPD WIN2の日本での公式予約販売を決定(日本円価格公表なし)
    http://www.tenku.co.jp/info/news/20180115/index.html

    2018年1月15日 11:38
    PC Watch
    https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1101071.html

    3: 名刺は切らしておりまして 2018/01/15(月) 15:38:16.07 ID:62Dx8hyL.net
    通常販売価格は899ドルってことは、日本価格は10万円超えちゃうってことかw

    画像の説明文

    コメント(0)  
    best-smart-speakers1

    1: 記憶たどり。 ★ 2017/12/26(火) 06:42:21.08 ID:CAP_USER9.net
    今年は「Google Home」「Amazon Echo」などスマートスピーカーが日本で発売され、音声入力がより身近になった年だった。2016年に米国で発表された未来のネット予測レポート「INTERNET TRENDS 2016」では、20年には音声によるWeb検索が50%を占めるようになると予想されていた。

    しかし、いまだに「音声入力は恥ずかしい」という声も根強い。KDDIが17年10月に発表した調査結果は、「日本人の7割が人前で音声検索するのは恥ずかしいと感じている」というものだった。確かに街中など公共の場で音声入力するのは少し気後れするが、家の中で使うスマートスピーカーはどうだろうか。意外と多いのが“起動ワード”(ウェイクワード)に関する声だ。

    ●「OK、Google」なんて言わない

    iPhoneの「Siri」を筆頭に、Googleアシスタント、Amazon Alexa、Clovaなどの音声アシスタントには、それを起動させるためのワードがある。

    Siriは「Hey、Siri」で、Googleアシスタントは「OK、Google」、Clovaはそのまま「Clova」と呼ぶと音声操作を受け付ける状態になる。ちなみに、Amazon Alexaは「アレクサ」「エコー」「アマゾン」「コンピュータ」の4種から選べ、コンピュータと設定すると、「スター・トレック」っぽくなるというライフハックもある。

    音声アシスタントを使わない理由を聞いてみると、「突然Hey、Siriなんて言うのはおかしい」「OK、Googleという言葉が恥ずかしい」など、ウェイクワード自体が日本人になじんでいないという指摘は少なくない。「ねぇ、Google」といった話し言葉に近いものもあるが、「モノに話しかけている感」が残る。「もしもし」「すみません」などより日常会話に近い導入の方がいいという声も上がっていた。

    (続きはこちら)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171225-00000051-zdn_n-sci

    6: 名無しさん@1周年 2017/12/26(火) 06:47:31.47 ID:HEnuCT4l0.net
    任意で設定できるようにすればいいんじゃない?
    手を叩くとか口笛とかに反応するようにすればいい。

    画像の説明文

    コメント(0)  
    20171215-59669-header-696x366

    1: 名無しさん必死だな 2017/12/15(金) 23:29:16.56 ID:evUNNQjVM.net
    ゲームパッド付携帯型PC「GPD WIN 2」スペック公開。前モデルの約2倍の性能で『GTA V』も動く、来月Indiegogoにて販売開始
    http://jp.automaton.am/articles/newsjp/20171215-59669/

    SoC: Intel Core m3-7Y30
    RAM: 8GB LPDDR3-1866MHz
    ストレージ: 128GB M.2 2242 SATA 3.0(ユーザーによる換装可能)
    ディスプレイ: 6インチ 1280x720p シャープ製タッチスクリーン Gorilla Glass 4
    OS: Windows 10 Home 64bit
    WiFi: 802.11 a/ac/b/g/n 2.4G/5G
    WiDi: 対応
    Bluetooth: 4.2
    入出力: USB Type-A 3.0/USB Type-C 3.0/MIcro HDMI/MicroSD/3.5mmヘッドフォン
    バッテリー: 9800mAh(4900mAh x 2)3.8v/37.24Wh
    重量: 460g
    外形寸法: 162 x 99 x 25 mm


    3: 名無しさん必死だな 2017/12/15(金) 23:35:15.91 ID:3R6sr4i+M.net
    おいくらなの?

    画像の説明文

    コメント(0)  
    am1535_robsuit

    1: ノチラ ★ 2017/12/05(火) 02:22:53.92 ID:CAP_USER.net
    米ロボットメーカーのTravelmate Roboticsは12月4日、ユーザーが歩き出すと後ろをついてきてくれる“自走式”スーツケース「Travelmate」を日本国内で2018年4月に発売すると発表した。専用スマートフォンアプリ(iOS/Android)とBluetooth接続し、ユーザーの動きに合わせ、障害物や段差を避けながら走行する。輸入代理店のイーコネクトがWebサイトで18年2月から予約を受け付ける。12万6000円(税別、以下同)から。

     Travelmateは、Bluetooth接続したスマホの位置を検知し、ユーザーが移動するのに合わせて自走する。重いスーツケースを引くことなく、手ぶらで旅行が楽しめるという。

    https://www.youtube.com/watch?v=I1ZDq3DSaZc



     スーツケースを立てた状態と水平に倒した状態のどちらでも走れるが、「水平に倒した方がより安定する」(同社)。空港など混雑する場所でも走行可能で、障害物を自動で避けるという。最大速度は時速9キロ、連続駆動時間は4時間。

     スーツケースの重量確認や施錠・解錠などは、専用スマホアプリで操作可能。付属の「GPSタグ」を使えば、アプリからスーツケースの位置を確認できるという。本体前面にあるLEDライトは、バッテリー残量やスーツケースの移動方向に応じて光る。

     サイズはS、M、Lを用意。Sサイズは機内に持ち込める大きさ、Lサイズは最大積載量が50ポンド(約23キロ)という。価格は順に12万6000円、14万9000円、17万6000円を予定している。

     同製品は、Travelmate Roboticsが約5年をかけて開発した。米国のクラウドファンディングサイト「Indiegogo」で資金を募り、現時点で1300人以上が支援、76万ドル以上を集めているという。
    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1712/04/news097.html

    2: 名刺は切らしておりまして 2017/12/05(火) 02:34:00.30 ID:zcox1fgh.net
    置き引きし放題やね

    画像の説明文

    スポンサードリンク

    このページのトップヘ