汎用型自作PCまとめ

当ブログは2ちゃんねるから「自作PC」「ITニュース」「ガジェットネタ」などをお届けするサイトです。

    ニュース

    コメント(0)  
    apple-touch-icon-192x192

    1: 番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です 2017/08/16(水) 22:05:26.37 ID:FwOdYvzD0.net BE:399576827-2BP(1000)
     今回、新たに導入した機能「モーメンツ」や、それをPRするために創業以来、初となるテレビCMを制作したのも、巻き返し策の一環です。ところが、ロイター通信や米金融経済系通信社ブルームバーグなどによると、奇しくもこのテレビCMが流れた10月27日に発表されたツイッター社の今年の第3四半期決算(10月~12月期)は、売上高が前年同期比57・6%増の5億6920万ドル(約701億円)、純損失は1億3170万ドル(約162億円)の赤字です。純損失は前年同期の1億7550万ドル(約216円)より減少したものの、赤字のまま。結局、2013年11月の株式上場以来、1度も黒字化したことがないという状況に変わりはありませんでした。

     さらに、第3四半期の月間平均のアクティブユーザー数は3億2000万人で、前の四半期(3億1600万人)から増えはしたものの、アナリストの予想である3億2400万人を下回りました。
     
     さらにツイッター社が公表した第4四半期の売上高の見通しもアナリストの予想(7億3970万ドル=約911億円)を大きく下回る6億9500万ドル~7億1000万ドル(約856億円~874億円)でした。そのため、ツイッター株は時間外取引で約13%安と急落しました。
     
     多くの欧米メディアがアナリストの分析を引用して報じていますが、ツイッター社の決算がアナリストの予想を下回る低迷ぶりだったのは、利用者数の低迷に尽きます。

     実際、コストロCEOの退任を伝える6月11日付米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は、米調査会社イーマーケッターの調査結果を引用し、今年のツイッターの全世界での月間ユーザーの増加率予想は14・1%で、2年前の30%に比べると、伸び率は大きく鈍化していると説明し、2019年にはさらに6%にまで落ち込むと報じています。

     さらに、スマートフォン(高機能携帯電話)に代表されるモバイル端末の利用者向けの昨年の米ネット広告市場192億ドル(約2兆3200億円)のうち、グーグルのシェアが36・9%、フェイスブックが18・5%だったのに対し、ツイッターはわずか3・6%だったといいます。

     ユーザー数の伸び率の鈍化を抑え、広告収入アップのための新機軸が「モーメンツ」なのですが、いまのところ大きな効果はないうえ、今回の初CMでケチまで付いた格好です。ライバルのフェイスブックの9月30日時点の月間アクティブユーザー数が前年同期比14%増の15億5000万人を記録し、11月5日に株価が過去最高値(110・65ドル=約1万3600円)を記録(11月5日付ロイター通信など)したことを考えると、その苦境ぶりが目立ちます。また、ユーザー数に関しても米ウェルズファーゴ証券のアナリスト、ピーター・スタッブラー氏は11月5日付の米ブルームバーグに「数億のアカウントはほとんど使われていない」と指摘しているように、実際使われていない休眠アカウントが相当数あり、これが広告収入増の足を引っ張っているといえそうです。

     結局、初CMで華々しく新機能をPRするはずが、逆に社の苦境を象徴する惨事を引き起こし、ツイッター社の株価は未だ、年初から20%以上も下落したままです。

     そして、既にネット上ではけっこう話題になっていますが、世界的にみると未だにツイッターに熱狂しているのは、はっきり言って日本人だけ。その証拠に今年9月「世界的にも“異常”なほどアクティブなユーザーが多い」(9月4日付ITメディアニュース)日本に今年9月、開発拠点を置く考えを示しています。実際、欧米では写真共有サイトの「インスタグラム」の方が人気があり、利用者の伸びもツイッターを上回っていますからね。

     どんな分野の流行でも、欧米での動きが2、3年後には日本に波及しますから、今後、日本でもツイッターが一気に飽きられ始めると思われます…。   (岡田敏一)

    http://www.sankeibiz.jp/business/news/151121/bsj1511211708003-n1.htm
    2: 番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です 2017/08/16(水) 22:06:24.48 ID:H3Foe3wp0.net
    英字圏にとっては入力文字数が少なすぎる
    画像の説明文

    コメント(3)  
    D-Wave_LarryGoldstein_287_EXPORT

    1: ノチラ ★ 2017/08/16(水) 18:39:24.29 ID:CAP_USER.net
    文部科学省は、「量子コンピューター」など次世代技術の研究開発に、来年度から集中投資する方針を固めた。最長10年で計数百億円規模の予算を検討中で、来年度の概算要求に数十億円を盛り込む。

    量子コンピューターは、従来とは異なる原理で動き、計算能力が飛躍的に高まるとされる。国内では現在、スパコン「京」の後継機の開発が進んでいるが、物質を構成する電子レベルの解析が必要な材料や薬の開発には、さらに高い性能が求められている。

    文科省が集中投資するのは、量子コンピューターを含む「量子科学技術」と呼ばれる分野。実用化できれば既存技術の性能を大幅に上回る。基礎研究の水準は各国とも同程度とみられ、今のうちに若手研究者を育て、将来的な産業競争力を持たせるため、最長10年にわたって予算を投じることにした。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170816-00000055-asahi-bus_all
    11: 名刺は切らしておりまして 2017/08/16(水) 18:48:06.09 ID:81gcsVAi.net
    相変わらず2周回ほど遅い

    画像の説明文

    コメント(0)  
    4_640x480

    1: 北村ゆきひろ ★ 2017/08/16(水) 22:11:49.70 ID:CAP_USER9.net
    デジカは8月16日、各種ゲーミングデバイスを取り扱うRazerのハイエンドゲーミングノートPC「Razer Blade Pro」と、薄型ノートPC「Razer Blade Stealth」の最新モデルを国内販売すると発表、8月19日から順次販売する。

    それぞれの下位モデル価格は、Proが48万5784円、Stealthが17万2584円。

    Razer Blade ProはIntel Core i7-7820HK(4コア 2.9GHz/4.3GHz)と、GPUにGeForce GTX 1080(GDDR5X 8GB)を搭載。同社のゲーミングノートPCシリーズ「Razer Blade」のフラグシップモデルにあたる。17.3インチの4K IGZOディスプレーはNVIDIA G-SYNCテクノロジーに、静電容量方式マルチタッチに対応。色空間はAdobe RGBを100%カバーしており、THX認定を受けている。

     また、メインメモリーは32GB(DDR4 2667MHz)を搭載し、ストレージはRAID0構成のM.2 SSD 512GBあるいは1TBの選択が可能。キーボードは押下圧64gの超薄型メカニカルスイッチを採用し、Razer Chromaライティング機能に対応している。細部までゲーマーの期待に答える仕様盛りだくさんのハイエンドゲーミングノートPCとのこと。

    5_887x743

    http://ascii.jp/elem/000/001/532/1532208/
    11: 名無しさん@1周年 2017/08/16(水) 22:18:28.84 ID:Jx+15k050.net
    4KでAdobeRGB100%か
    ノートの液晶にしてはええな
    画像の説明文

    コメント(0)  
    01_s

    1: 番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です 2017/08/16(水) 16:14:53.82 ID:QwTmp8Gr0.net BE:402859164-2BP(1000)
    Seagate、世界最大64TBのNVMe SSD。転送速度も13GB/sで世界最速 - PC Watch

     米Seagate Technologyは8日(米国時間)、米サンタクララで開催中の「Flash Memory Summit 2017」にて、記録容量64TBのNVM Express(NVMe) SSDを公開した。

     同社は以前にも世界最大の容量を謳った60TBの3.5インチSAS SSDを発表しているが、今回の製品フォームファクタはシングルスロットのPCI Express(PCIe)カードで、複数のM.2 SSDモジュールとコントローラを1枚のカードに搭載。ハイパースケーラーやHPC、大規模なデータ分析など、大量のデータをDRAMからオフロードする必要のあるワークロードを想定した製品となっている。

    (続きはこちら)
    http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1075806.html
    7: 番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です 2017/08/16(水) 16:23:40.50 ID:XkiCnOzt0.net
    一般向けの容量増加まだかよ
    HDDがうるさいからSSDでまとめたい
    画像の説明文

    コメント(2)  
    01_s

    691: Socket774 2017/08/16(水) 13:31:26.51 ID:mp7jP4/P.net
     Intelは来たる8月21日(現地時間)に第8世代Coreプロセッサを正式発表すると予告しているが、それを待たずして、その後継製品となる「Ice Lake」のページがひっそりと公開されている。

     現時点で公開されている情報は「Amazing Performance and Responsiveness(驚くべき性能と反応性)」という見出しと、「The Ice Lake processor family is a successor to the 8th generation Intel Core processor family. These processors utilize Intel’s industry-leading 10 nm+ process technology.(Ice Lakeプロセッサファミリーは、第8世代Coreプロセッサファミリーの後継。新プロセッサは業界を牽引するIntelの10nm+プロセス技術を採用します)」という1文のみで、新しい情報はとくにないが、メールアドレスを登録すると、技術文書が公開され次第通知されるという。


    http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1075789.html


    >なお、Intelのコードネームをまとめたこちらのページの情報によると、Ice Lakeも第8世代Coreプロセッサと記載されている。
    >Intel初の10nm世代製品となるCannon Lakeはメインストリーム向けとなるが、その後継のIce Lakeはハイエンド向けとなる見込み。
    Icelakeはハイエンド向けってことはHやZではなくZのマザボか
    画像の説明文

    スポンサードリンク

    このページのトップヘ