汎用型自作PCまとめ

当ブログは2ちゃんねるから「自作PC」「ITニュース」「ガジェットネタ」などをお届けするサイトです。

    ニュース

    コメント(0)  
    201503271516500000

    1: 番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です 2017/08/18(金) 18:19:19.14 ID:SwOooNVO0●.net BE:169920436-2BP(2000)
    メモリセルアレイを立体積層化(3次元化)することで記憶密度を高める3D NANDフラッシュ技術が、記憶容量拡大の階段を急激に駆け上りつつある。

    NANDフラッシュメモリとSSD (Solid State Drive)に関する世界最大のイベント(講演会兼展示会)で、2016年8月8日~10日、米国カリフォルニア州サンタクララで開催されている「Flash Memory Summit (FMS)」では、Samsung Electronics、東芝、Western Digital、Micron Techologyの大手ベンダー各社が、キーノート講演で大容量3D NANDフラッシュ技術の最新開発成果をアピールした。

    ・Samsungは第5世代技術「V5」で1Tbitの大容量シリコンを発表
    3D NANDフラッシュメモリのトップベンダーは、Samsung Electronicsである。Samsungは昨年(2016年)のFMSまで最近はほぼ毎年キーノート講演に登壇し、新しい世代の3D NANDフラッシュ技術とその技術による大容量化、さらには新しい世代の3D NANDフラッシュメモリを搭載した超大容量SSDを披露することで、聴衆の喝采を浴びてきた。たとえば一昨年(2015年)のFMSでは前年の2倍の記憶容量を実現した第3世代の3D NAND技術「V3」と、256Gbitのシリコンダイ、15.36TBの2.5インチSSDを披露した。そして昨年(2016年)のFMSでは、さらに2倍の記憶容量を実現した第4世代の3D NAND技術「V4」と、512Gbitのシリコンダイと、32TBの2.5インチSSDを発表した。ところが今年(2017年)のFMSにおけるキーノート講演は、前年の2倍というハイペースは維持したものの、やや勢いが鈍ったようなプレゼンだった。第5世代の3D NAND技術「V5」を発表したのだが、開発成果物が具体性に欠けていた。講演では、前世代の「V4」と比べて記憶容量をさらに2倍に増やした1Tbitのシリコンダイと、記憶容量を4倍に増やした128TBと超々大容量の2.5インチSSDを「V5」技術で実現できるとした。ただし実物の披露(以前にはSSDの実物を講演者がポケットから取り出して見せることがあった)や実物写真の提示などはなく、ややものたりない印象を受けた。とはいえ、倍々ゲームのように新しい開発成果が毎年披露されていくというのもかなり異常なことなので、ペースが落ち着いたともいえる。

    ・Western Digitalも96層の3D NAND技術とQLC方式のダイをFMSで発表
    Western Digitalは東芝と、NANDフラッシュメモリの開発と製造でパートナーシップを結んでいる。またHDDの最大手ベンダーでもある。FMSでWestern Digitalは、東芝とはべつにキーノート講演を実施し、NANDフラッシュメモリの開発成果を示していた。といってもその内容は基本的に、東芝と同じである。すなわち、96層の高密度3D NANDフラッシュ技術と、1個のメモリセルに4bitのデータを記憶する高密度メモリセル技術(Western Digitalは「X4」と呼称)である。96層の高密度3D NANDフラッシュ技術では、512Gbitのシリコンダイを製造したことと、同じ512Gbitの記憶容量で既存世代の64層技術に比べて、96層技術ではシリコンダイ面積を35%ほど削減できたことを述べていた。

    ・Micronは64層のTLC NANDで高い記憶密度のシリコンをアピール
    Micron Technologyは、IntelとNANDフラッシュメモリの開発と製造でパートナーシップを結んでいる。今回のFMSではMicronだけが、NANDフラッシュメモリの開発状況をキーノート講演で紹介した。Intel-Micron連合の3D NANDフラッシュ技術はワード線積層数の違いで、32層の第1世代と64層の第2世代に分かれる。32層の第1世代はすでに製品化が完了しており、256Gbitのシリコンと384Gbitのシリコンが生産されている。64層の第2世代は当初、国際学会で768Gbitと大容量のシリコンを試作してみせた。しかしその後は、シリコンダイ面積の小さな512Gbit品や256Gbit品を製品化する方法に動いている。例えば256Gbit品のシリコンダイ面積は59平方mmで、DRAMシリコンダイとほぼ同じくらいの大きさしかない。Intel-Micron連合の第2世代3D NANDフラッシュ技術は、記憶密度が約4.3Gbit/平方mmと、64層の3D NANDフラッシュとしては競合他社に比べて高い。この大きな理由は、「CMOS Under Array (CUA)」と呼ぶ、CMOS周辺回路をメモリセルアレイの直下に配置するレイアウトを採用したことにある。この技術は第1世代から採用されている。現在、Intel-Micron連合は第3世代と呼ぶ3D NANDフラッシュ技術を開発中である。第3世代ではシリコンウエハ当たりに換算した記憶容量が、第2世代の1.4倍以上に増えるとする。詳細についてはまだ公表していない。

    http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/semicon/1076106.html
    3: 番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です 2017/08/18(金) 18:19:44.40 ID:sqSIRe9+M.net
    桁おかしいやろw

    画像の説明文

    コメント(2)  
    002

    661: Socket774 2017/08/19(土) 00:02:41.96 ID:Isk0r4KE.net
     2017年8月14日掲載の記事で性能速報をお伝えしていた「Radeon RX Vega 56」(以下,RX Vega 56)リファレンスカード。そのベンチマーク結果が出揃ったので,正式なレビュー記事としてお届けしたい。
     当該記事でも言及しているとおり,Radeon RX VegaシリーズにおけるAMDのイチオシはRX Vega 56とのことだが,北米市場におけるメーカー想定売価が399ドル(税別)となっているハイクラス市場向けGPUにゲーマーは何を期待できるだろうか。

    011

    013

    014

    037

    038

    http://www.4gamer.net/games/337/G033714/20170817107/

    画像の説明文

    コメント(0)  
    Ruby-logo-notext

    1: ノチラ ★ 2017/08/17(木) 11:08:44.78 ID:CAP_USER.net
    しまねソフト研究開発センター(ITOC、松江市)は地元発のプログラミング言語「Ruby(ルビー)」の進化版を小規模河川の水位計測に応用する実証実験を始めた。全国で大雨による河川氾濫の被害が生じており、消費電力が少なく小型の精密計測器による観測システムの構築を目指す。11月までに新バージョンを開発し、展示会などで採用を訴える。

     このプログラミング言語は「mruby/c(エムルビースラッシュシー)」…
    http://www.nikkei.com/article/DGXLZO20052520W7A810C1LC0000/
    4: 名刺は切らしておりまして 2017/08/17(木) 11:16:44.14 ID:u+GJMX0Q.net
    進化版じゃなくて軽量版な
    画像の説明文

    コメント(1)  
    main_highreso_jeita

    1: ノチラ ★ 2017/08/17(木) 23:01:36.28 ID:CAP_USER.net
    ハイレゾ音源に対応したイヤホンの売れ筋価格が下がっている。従来のハイレゾ対応イヤホンは1万円以上だったが、今年に入り安価な新製品が増加。5000円以下の製品の人気が高まっている。

     ヨドバシカメラマルチメディアAkiba(東京・千代田)では、オーディオ機器メーカーのエスネクスト(川崎市)が5月に発売した「final E2000」(店頭価格4300円前後)が人気だ。1万円を超えるハイレゾ対応モデルと…
    http://www.nikkei.com/article/DGXLASDJ09H31_X10C17A8QM8000/
    3: 名刺は切らしておりまして 2017/08/17(木) 23:29:47.96 ID:brBRqbqZ.net
    あ”? イヤホンでハイレゾ対応ってどういう事よ?

    画像の説明文

    コメント(1)  
    ixy51s-sl_1

    1: 名無しさん@涙目です。 2017/08/17(木) 16:08:33.81 ID:NfRaPOXJ0●.net BE:659060378-2BP(4000)
    コンパクトデジタルカメラ(以下、コンデジ)やデジタル一眼レフ、新型ミラーレス機などカメラ製品全般の販売不振が世界中で止まらない。

    市場調査会社・富士キメラ総研が5月23日に発表した「エレクトロニクス製品の世界市場調査」によると、2016年のコンデジ世界市場は前年比39.1%減の1400万台(うち日本は200万台)、デジタル一眼も1145万台(うち日本は130万台)と低迷した。

    特にコンデジ市場は日系メーカーの製品が72%を占める“日の丸家電”の代表格だったゆえに、カメラ業界が受ける打撃も大きい。

    ニコンは2017年3月期決算で7年ぶりの赤字に転落。希望退職などリストラに追われている。リコーやカシオ計算機もデジカメ不振が響き、減益に苦しむ。また、その余波は販売店にまで及び、カメラのキタムラはデジカメ不振が要因となって大量閉店を余儀なくされている。

    ここまでカメラが売れなくなった理由は、ただひとつ。スマートフォンの台頭で市場を奪われたからだ。

    写真撮影が大事な任務である報道現場でも“スマホ撮”が目立つようになった。もともと専属カメラマンをつけずに記者が撮影も兼ねる取材スタイルを取るケースはあるが、「下手にコンデジを使うよりもスマホのほうがキレイに撮れる」と、カメラを持ち歩かない記者が増えている。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13104019/
    3: 名無しさん@涙目です。 2017/08/17(木) 16:11:59.45 ID:+4I8q6WE0.net
    俺はコンデジ愛用してるけどなあ
    選択肢が少なくなってきて困るわ・・

    画像の説明文

    スポンサードリンク

    このページのトップヘ