汎用型自作PCまとめ

当ブログは2ちゃんねるから「自作PC」「ITニュース」「ガジェットネタ」などをお届けするサイトです。

    ニュース

    コメント(0)  
    796f9_1302_58e19284ba13654ead359af309de0be2

    1: 名無しさん@涙目です。 NG NG BE:323057825-PLT(12000).net
    スマホやタブレットの普及で需要が低下しているとはいえ、やはりパソコンが必要になることはあるわけですが、なるべくローコストで導入したいというニーズに応えられる選択肢が豊富にあります。詳細は以下から。

    ◆割り切った1万円ノート「T-bao Tbook X7」
    これが今回解説する安価なノートパソコン「T-bao Tbook X7」。14.1インチHD(1366×768)液晶を搭載したWindows 10ノートパソコンです。

    IntelのAtom Z3735F(1.83GHz、クアッドコア)、2GB RAM/32GB eMMC、USB 2.0端子×2、HDMI出力、ステレオスピーカー、技適マークの問題があるもののIEEE802.11 b/g/n対応無線LAN、Bluetooth 4.0を搭載。

    ぶっちゃけてしまうと、「格安Windowsタブレットをノートパソコンの形状にしただけ」の感が強いT-bao Tbook X7。しかし大画面ディスプレイやフルサイズのUSB 2.0端子、物理キーボードを備えるなど、タブレットと違って拡張性が高く、「性能は高くなくていいので、とにかくノートパソコンが欲しい」という層にとっては十分な選択肢に。なお、気になる販売価格はわずか1万1330円です。
    T-bao Tbook X7 2GB + 32GB Silver

    ◆1万円台で十分使えるT-bao Tbook R8
    また、「もう少し性能がいいモデルが欲しい」という層に対しては、15.6インチフルHD(1920×1080)液晶にIntel Atom Z8350(1.44GHz、クアッドコア)、4GB RAM/64GB eMMC、ステレオスピーカーなどを搭載した「T-bao Tbook R8(1万8232円)」という、かなり現実的な選択肢も。
    T-bao Tbook R8 - SAPPHIRE BLUE

    ◆メモリ6GBが当たり前となった2万円台ノート
    さらに2万円台まで出せるのであれば、13.3インチフルHD(1920×1080)IPS液晶にIntel Celeron N3450(2.2GHz、クアッドコア)、6GB RAM/64GB ROM(M.2規格のSSD増設可)、ステレオスピーカー搭載の「T-bao Tbook Air3(2万6209円)」が選べるようになります。

    ついに1万円の大画面ノートパソコン登場、1~2万円台で豊富な選択肢も
    http://news.livedoor.com/article/detail/13492434/

    77aad_1302_ef622437e138ceb68359424193f00b6d

    画像の説明文

    コメント(0)  
    javaee1

    1: ノチラ ★ 2017/08/18(金) 19:32:31.42 ID:CAP_USER.net
    「Java EE 8」プラットフォームの完成が見えてきているが、Oracleは米国時間8月17日に、Java EEのテクノロジをいずれかのオープンソース組織に移管する可能性について触れた。

     Oracleはブログ記事の中で、この動きについて、「より機動的プロセスを取り入れ、より柔軟なライセンス形式を実現し、ガバナンスのプロセスを変えるための次のステップとしては適切かもしれない」と述べている。

     同社は、候補となる複数の組織や、ライセンス使用者、コミュニティとその可能性について探っていくとしている。また同社は、既存のJava EEの実装と今後のJava EE 8の実装のサポートを継続し、将来のJava EE技術の発展にも参加するという。

     Java EEはエンタープライズアプリケーション開発のための一連のオープン標準として大きな成功を収めたが、一部の熱心な支持者やアナリストは、Java EEは軽量なフレームワークを好むようになっている開発者の傾向や、アーキテクチャのトレンドについて行けていないと指摘している。

     Oracleのブログ記事でも、「Java EEは、Java EEコミュニティの参加するオープンソースとして開発されたが、そのプロセスは、特にほかのオープンソースコミュニティと比較すると、機動性、柔軟性、オープンさを十分に備えていないと見られることも多い。この状況を改善したい」と述べている。

     2016年にはJava EEコミュニティの間で、このフレームワークに関するOracleの推進力が弱まっているという懸念が広まり、Java EEを守り、発展させるためのJava EE Guardiansが立ち上げられた。Java EE Guardiansの一部のメンバーは、Java EEをほかの組織へ移管するという考えについて議論していた。
    https://japan.zdnet.com/article/35105955/
    3: 名刺は切らしておりまして 2017/08/18(金) 19:45:57.51 ID:ns26tqX/.net
    結局放り投げたか
    画像の説明文

    コメント(1)  
    top

    1: ノチラ ★ 2017/08/18(金) 19:39:24.36 ID:CAP_USER.net
    街路灯に基地局機能を組み込んだ次世代携帯電話の中継システムを検証する実証実験が10月末から、広島県福山市の鞆の浦で始まる。第5世代移動通信システム(5G)では、中継用の基地局が現行の第4世代(4G)より細かい密度で必要になると見込まれるためで、機材を開発した通信大手「KDDI」(東京)が、実証実験に向けた覚書を市と締結した。

     実証実験は、アンテナと無線機を柱の中に収納した基地局収容型LED街路灯「ゼロサイト」を観光スポットの鞆の浦に設置。約1年間の運用を通じて、天候や地形の影響、保守整備上の課題などを検証する。

     ゼロサイトは、現行の携帯電話中継サービスで最も高速な4GLTEに対応していることに加え、観光客向けの無料Wi-Fiサービスも提供する。

     同社によると、街路灯をアンテナとして利用している基地局はこれまでにも設置されているが、基地局機能すべてを組み込んだ街路灯が設置されるのは鞆の浦が初めて。実証実験の候補地を求めていた同社と、観光サービスの向上に向けた新たな展開を探っていた市の意向が一致した。

     携帯電話などの移動通信システムは、数年後には5G時代に突入し、利用する電波が4Gより高周波数になるとみられる。周波数が高いほど直進性が強いため障害物に影響されやすく、距離による減衰も大きいため、基地局は現行より多く必要になる。

     しかし、市街地などでは専用施設の増設は困難なため、既存の街路灯を基地局兼用のものに取り替えることで5G時代に対応する方式が立案された。
    http://www.sankeibiz.jp/business/news/170818/bsj1708181445004-n1.htm
    2: 名刺は切らしておりまして 2017/08/18(金) 19:42:27.62 ID:FjHkYS4E.net
    建物のちょっと奥にはほぼ到達しない5G使ってどうするんだろう

    画像の説明文

    コメント(0)  
    iphone7leak

    1: ノチラ ★ 2017/08/18(金) 19:35:57.35 ID:CAP_USER.net
    「iPhone8」や「iPhone Pro」、あるいは「iPhone X」などと噂される、新型iPhoneの発表イベントについて、開催日や開催場所、発表内容を米メディアiMoreが予測しています。
    iPhone8の発表日は?

    過去5年間の傾向から、新型iPhoneの発表イベントは、9月の第1または第2の火曜日または水曜日に開催されています。

    2012年:9月12日(水)
    2013年:9月10日(火)
    2014年:9月9日(火)
    2015年:9月9日(水)
    2016年:9月7日(水)

    この傾向から、2017年のiPhone8の発表イベントは、早ければ9月6日(水)、遅ければ13日(水)ではないか、とiMoreは予測しています。

    iPhone8の他に発表されるのは?
    今年のiPhoneは、有機EL(OLED)ディスプレイが本体前面をカバーするフルスクリーンデザインの「iPhone8」のほか、現行モデルの性能が向上し、ワイヤレス充電に対応する「iPhone7s」「iPhone7s Plus」が発表されると見込まれています。

    このほか、単体でLTE通信が可能となるApple Watch Series 3も同時に発表されるのではないか、と予測されています。

    また、HDR/4Kに対応する第5世代のApple TVが発表される可能性もあります。

    6月のWWDC 17では12月にアメリカ、イギリス、オーストラリアで発売することが発表されただけで、本体の動作デモがなかったスマートスピーカーのHomePodについて、日本など他の地域での発売予定など、追加情報の発表があるかもしれません。

    同じくWWDC 17で12月発売と予告のあったiMac Proについては、上位モデルの価格など詳細は未発表のままです。ただし、iMoreは9月のイベントはiOSデバイスに特化するため、Mac関係の発表はないだろう、と予測しています。
    http://iphone-mania.jp/news-178511/
    3: 名刺は切らしておりまして 2017/08/18(金) 19:43:56.50 ID:nebrEhSb.net
    SEの後継機は?

    画像の説明文

    コメント(0)  
    20170212211728

    1: 番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です 2017/08/18(金) 18:31:39.04 ID:3RVSBUqr0.net BE:548319141-2BP(2001)
    Apple、2018年のオリジナルコンテンツ予算は10億ドル

    (前略)

    10億ドルは大きな金額に見えるかもしれないが、競合のコンテンツ制作会社はさらに多額の費用を独自番組の制作に投じている。Amazon Prime Videoは、2013年という早い段階で独自番組制作の企画にAppleと同等の額を費やし、2017年には45億ドルを投じる予定だと報道された。Netflixは今年、60億ドルの予算を充てるとみられる。Appleが資金不足ということはない。つまり来年、成功の兆しが見えれば、すぐに支出を増やすことも可能ということだ。

    今のところ、同社の番組は酷評を受けている。「Planet of the Apps – アプリケーションの世界」と「Carpool Karaoke」の初期のレビューは散々な結果だった。だが、その酷評もAppleの野望を阻止するには至っていないようだ。WSJの報道の通りであるなら、Appleは前回の不調で、成功のためにはより強固な姿勢をもってオリジナルコンテンツ制作へ取り組む必要があると気づいたということなのだろう。

    http://jp.techcrunch.com/2017/08/18/20170816apple-said-to-be-spending-1-billion-on-original-content-in-2018/
    2: 番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です 2017/08/18(金) 18:32:57.73 ID:7LcR2Ueq0.net
    primeオリジナル番組面白いからな

    画像の説明文

    スポンサードリンク

    このページのトップヘ