汎用型自作PCまとめ

当ブログは2ちゃんねるから「自作PC」「ITニュース」「ガジェットネタ」などをお届けするサイトです。

    VR

    コメント(0)  
    201710171224147000

    1: 番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です 2017/10/17(火) 14:36:35.41 ID:c0rIRipP0.net BE:895142347-2BP(1112)
    富士通クライアントコンピューティング株式会社は、「Windows Mixed Reality(MR)」対応ヘッドセットを発表しました。価格はオープン価格となっており、富士通WEB MARTではコントローラー付属で税込57,024円です。発売は2017年11月下旬を予定しています。

    MRヘッドセットとは、マイクロソフトがWindows 10向けに提供する「Windows Mixed Reality」に対応したデバイス。没入型のVR体験が可能になります。富士通が今回発表したMRヘッドセットは、同じMixed Reality(MR)の呼称で呼ばれていますが、シースルー型のMRデバイスHoloLensとは異なり、バーチャル世界に没入するタイプのVRヘッドセットです。

    外部センサーが不要で、USBおよびHDMIケーブルをWindows 10のPCに差し込むだけでハイエンドなVRを体験できます。また、付属するコントローラーを通して、VR空間内で手を動かすなどの操作が可能です。

    MRヘッドセットはLenovoやDell、Acer、サムスンなどが製品を発表しており、日本での取り扱いも開始しています。富士通のMRヘッドセットは、国内メーカー製としては初となります。

    富士通のMRヘッドセットのスペックは、1440×1440のディスプレイを2枚搭載、視野角は90度または100度以上、リフレッシュレートは60Hzまたは90Hzと、既に発表されている他社のMRヘッドセットとはほぼ同一です。

    (続きはこちら) 
    http://www.moguravr.com/fujitsu-mr-headset/amp/

    8: 番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です 2017/10/17(火) 14:40:07.55 ID:7YBpuAEk0.net
    値段安いやん
    どうした

    画像の説明文

    コメント(1)  
    171012_oculus_go_revealed_1

    1: 名無しさん@涙目です。 NG NG BE:422186189-PLT(12015).net
    これまでのVRヘッドセットといえば、高価で大型かつPCに接続するタイプか、スマホを挿入するあまり高性能でないタイプの2つだけでした。しかしFacebook(フェイスブック)がOculusブランドから発表した「Oculus Go」は、どちらでもない第3の選択肢となるはずです。

    Oculus Goはいわゆるスタンドアロン型のVRヘッドセット。ヘッドセット内に液晶やプロセッサを搭載するので、スマホやPCは要りません。

    (中略)

    価格は199ドル(約2万2000円)。

    (中略)

    搭載される液晶は、高速切り替えが可能な2,560×1,440ドットディスプレイ(Fast-switch LCD)。Oculus事業を率いるHugo Barra氏によれば、この液晶はピクセル間にラインが見えるスクリーンドア効果を防止し、ラグや画像切り替えのレイテンシを低減できるそうですよ。
    171012_oculus_go_revealed_2

    さらにOculus Goはヘッドセット部分にスピーカーを内蔵したことで、空間オーディオを利用した奥行きのあるVR体験が可能に。また3.5mmのイヤホンジャックもあるので、お気に入りのヘッドホンを利用することもできます。本体は軽量な布製で顔に接する部分の通気性もよく、おそらく装着中にあまり汗をかかなくて済みそうです。

    (後略)
    https://www.gizmodo.jp/2017/10/oculus-go-revealed.html

    6: 名無しさん@涙目です。 2017/10/12(木) 12:14:42.31 ID:u4bP2L3f0.net
    安すぎワロタ

    画像の説明文

    コメント(0)  
    59d1edf9ed97a

    1: 名無しさん@涙目です。 2017/10/02(月) 19:05:08.33 ID:KzSHRNl40.net ?2BP(5000)
      ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジアは、バーチャルリアリティシステム“プレイステーション VR”の最新モデル(CUH-ZVR2)を、プレイステーション Cameraとセットにした“プレイステーション VR プレイステーション Camera同梱版”として、日本国内に向けて2017年10月14日(土)より希望小売価格44980円[税抜]で発売することを発表した。

     従来モデルからのおもな変更点は下記の通り(リリースより)。

    ・VRヘッドセット後部にステレオヘッドホン端子を配置。同梱ステレオヘッドホンの接続でケーブル配線をVR ヘッドセットに一体化。・VRヘッドセットとプロセッサーユニットを繋ぐケーブルをよりスリムな一本のケーブルに集約。・プロセッサーユニットがHDR映像のパススルーに対応。

    59d1edfa052af

     また、この最新モデルの発売にあわせ、PS VRの日本国内販売取扱店舗をこれまでの394店舗から913店舗に拡大。加えて、PlayStation Move モーションコントローラーについても、その性能を一部見直し、接続端子をUSB(Micro B)に変更したPS4専用モデルとして順次発売を予定しているとのこと。

    https://www.famitsu.com/news/201710/02143184.html

    8: 名無しさん@涙目です。 2017/10/02(月) 19:16:43.79 ID:lMzUQlmy0.net
    変えて欲しいところが変わってるなぁ
    いい改良だけどね

    画像の説明文

    スポンサードリンク

    このページのトップヘ