汎用型自作PCまとめ

当ブログは2ちゃんねるから「自作PC」「ITニュース」「ガジェットネタ」などをお届けするサイトです。

    SSD,M.2

    コメント(0)  
    961: Socket774 2017/10/20(金) 19:43:47.85 ID:eTOVGs4u0.net
    これはどうだろ。

    Colorful Technology CO., LTD(Colorful/本社:中国)国内正規代理店の株式会社リンクスインターナショナル(本社:東京都千代田区)は2017年10月20日、3D MLC NANDフラッシュを採用する2.5インチSATA3.0(6Gbps)SSD「SL500 480G(MLC)」について、新規取り扱い開始を発表した。発売は10月21日より開始され、市場想定売価は税込15,980円。

    SL500-480G_1024x768a-620x464

    SATA3.0(6Gbps)インターフェイスに対応する2.5インチSSDの新製品。容量は480GBで、コントローラにはSilicon Motion「SM2258TX」を搭載する。

    NANDフラッシュは信頼性・耐久性に優れるIntel製3D MLC NANDで、書換耐性は150TBW、MTBFは150万時間に設定。転送速度はシーケンシャル読込500MB/sec、書込480MB/sec、ランダム読込75,000 IOPS、書込75,000 IOPSの高速アクセスに対応する。

    対応機能はS.M.A.R.T、TRIM、DevSleep、NCQ。外形寸法は、W69×D100×H7mm、重量約52g。製品保証は3年間。

    http://www.gdm.or.jp/pressrelease/2017/1020/239935/

    963: Socket774 2017/10/20(金) 21:37:05.48 ID:RqY3SAFw0.net
    >>961
    最安だと12000円も割るか?
    でMLCで480Gなら最強じゃん

    画像の説明文

    コメント(0)  
    1506353753q58bl5f7fo_1_2_l

    1: 名無しさん@涙目です。 NG NG BE:697145802-PLT(15610).net
    28GB/sオーバーのデータ伝送を8枚のM.2タイプSSDを使ってAMDのRyzen Threadripper環境で実現
    http://gigazine.net/news/20170928-raid-ryzen-threadripper/

     AMDのハイエンドデスクトップ用CPU「Ryzen Threadripper」のNVMe RAID対応の新ドライバーが2017年9月25日にリリースされる予定でしたが延期されました。しかし、未公開のNVMe対応のRAIDドライバーを使ってNVMe対応SSDを8枚RAID0で接続した強者が現れて、28GB/sオーバーというとてつもない転送速度をたたき出しています。

    [H]ardOCP: Eight NVME Drives RAIDed on AMD Ryzen Threadripper
    https://www.hardocp.com/news/2017/09/25/eight_nvme_drives_raided_on_amd_ryzen_threadripper
    1506353753q58bl5f7fo_1_1_l

    1506353753q58bl5f7fo_1_3_l

     Ryzen Threadripper対応マザーボードで最速SSDの構築を行ったのは、PC関連ムービーで著名なYouTuberのder8auer氏。残念ながら公開されたYouTubeムービーは、記事作成時点では取り下げられており視聴不能になっています。

     der8auer氏は4枚のM.2タイプSSDを装着できるPCI-Express接続用RAIDカード「Hyper M.2 x16 Card」を2台使って、Samsung製SSD「960 PRO」を合計8枚搭載した状態でシステムを組みました。

     使ったマザーボードは「ASUS ROG ZENITH EXTREME」。新UEFIでは、「PCIEX16_1 Bandwidth」で「X4/X4/X4/X4 Mode」を選択可能になっています。

     AMDの新ドライバーを適用しNVMe対応の高速SSDを8枚ストライピングした状態でSSDの転送速度を測定すると、ベンチマークソフトIOmeterでの値は「28375.84 MB/s」。1秒間に28GBを読み込むという驚異的な数値になっています。

     X399チップセットでのPCI-Express(X16)の転送速度は128GB/sまで対応なので、SSDが高速化すればさらなるデータ転送速度の向上は実現しそう。ただし、NVMe RAID対応の新ドライバーは数日後に正式リリースされる予定です。

     なお、Hyper M.2 x16 Cardによる高速データ転送に、ASUS以外のメーカーのマザーボードが対応するかどうかは不明。Core-X対応のIntelチップセットX299を搭載するASUS製マザーボード「PRIME X299-DELUXE」では、Hyper M.2 x16 Cardを使った高速データ転送の対応に期待が持てそうです。

    14: 名無しさん@涙目です。 2017/09/28(木) 21:13:41.63 ID:0qhNAo1S0.net
    >>1
    どこの変態だよ

    画像の説明文

    コメント(2)  
    Seagate_Laptop-SSHD-image-1

    1: 番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です 2017/09/22(金) 00:12:04.36 ID:ZEbPiujO0.net BE:793337701-2BP(1000)
    ハイブリッドHDD(ハイブリッドハードディスクドライブ、Hybrid HDD)は、ハードディスクドライブ(以下HDD)にフラッシュメモリをキャッシュメモリとして搭載した記憶装置である。
    SSHD(Solid State Hybrid Drive)とも表記される。
     
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%8F%E3%A4%E3%96%E3%AA%E3%83%E3%89HDD

    Instagramのバックアップとリストアに対応 - HDD/SSD丸ごともファイルもバックアップできる「Acronis True Image 2018」
    http://news.mynavi.jp/articles/2017/09/21/acronis/

    2: 番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です 2017/09/22(金) 00:13:45.11 ID:8IIqFQmma.net
    言うほどいいとこ取り出来てるか?

    画像の説明文

    コメント(0)  
    imgp4485_678x452

    710: Socket774 2017/08/29(火) 22:39:56.43 ID:DHGxnI4Y.net
    BX300がMLCでなかなか良い性能になってる

    The Crucial BX300 (480GB) SSD Review: Back To MLC


    WS001078

    WS001079


    http://www.anandtech.com/show/11766/the-crucial-bx300-480gb-ssd-review-back-to-mlc

    714: Socket774 2017/08/30(水) 01:22:14.23 ID:WKQlrUe6.net
    >>710
    まさかBXで3D MLC来るとは思わなんだ
    良いねぇ

    画像の説明文

    スポンサードリンク

    このページのトップヘ