汎用型自作PCまとめ

当ブログは2ちゃんねるから「自作PC」「ITニュース」「ガジェットネタ」などをお届けするサイトです。

    スマートフォン

    コメント(0)  
    samsung-galaxy-s8-phone-display

    1: ノチラ ★ 2017/08/04(金) 19:05:27.72 ID:CAP_USER.net
    サムスン電子がアップルの本場である北米の携帯電話市場で1年ぶりに1位を奪還した。

    3日、市場調査会社ストラテジーアナリティックス(SA)によると、第2四半期の北米携帯電話市場でサムスン電子が1400万台を販売して33.3%のシェアを占めた。

    これは前四半期(24.9%)より8.4%ポイント、前年同期(29.7%)より3.6%ポイント上昇した数値だ。サムスン電子が北米市場シェア30%の壁を越えたのは2014年第2四半期以降、12四半期ぶりにアップルを抜いて1位となったのは昨年第2四半期以降初めてだ。ギャラクシーS8の販売が増えたのが1位奪還の原動力になった。

    アップルはホームでサムスンに押され、2位に落ちた。第2四半期にこの地域で1010万台を販売してシェアが前四半期より8.7%ポイント下落した24%となった。サムスン電子・LGエレクトロニクスが上半期に戦略スマートフォン製品を出して販売を上げたことに比べ、アップルは下半期に新製品発表を控えており需要が減少した。

    LGエレクトロニクスは720万台を販売してシェア17.1%となり、3位を占めた。前四半期(20.2%)に比べては3.1%ポイント落ちたが、サムスン・アップルと共に3強構図を維持した。

    サムスン・LGの第2四半期の合計シェアは50.4%に達している。韓国企業の北米市場での四半期別スマートフォンシェアが50%を越えたのは2013年第2四半期、2014年第2四半期に続き、今回が3回目だ。4位は中国のZTE(11.5%)、5位はモトローラ(4.8%)で、上位3社のシェアと大きな差をつけた。

    業界関係者は「下半期のサムスンギャラクシーノート8、LGV30、アップルiPhoneなど各社のプレミアムスマートフォン発売が予定されており、北米市場でもより一層競争が激しくなる見通し」と話した。
    http://japanese.joins.com/article/005/232005.html
    5: 名刺は切らしておりまして 2017/08/04(金) 19:08:05.85 ID:jX923vjl.net
    いや、iPhoneは今一番買い控えしてる時期だし

    画像の説明文

    コメント(0)  
    iphone-se-30

    1: ノチラ ★ 2017/08/05(土) 13:30:04.83 ID:CAP_USER.net
    iPhone SEの新型モデルが、2018年第1四半期(1~3月)にも出荷開始される、との新たな情報が浮上しています。
    次期iPhone SE、Wistronが生産増強で対応

    Appleのサプライヤーである台湾Wistronが、インドにおけるiPhone SEの生産能力を増強し、次世代iPhone SEの生産に備えていると、台湾メディアFocus Taiwanが報じています。

    Wistronは今年5月より、インド国内工場でのiPhone SE組み立てを開始し、6月からインド国内向けに販売しています。

    Focus Taiwanは関係者の話として、Wistronはまずインド市場向けに新型iPhone SEを出荷してから、ほかの市場に向けて出荷すると伝えていますが、米メディアMacRumorsも「ありえない」と書いているように、「インドでまず発売」という情報はあまり信憑性が高くなさそうです。

    またWistronについては、今後5年間でiPhoneの生産能力を2倍~3倍に拡大すべく、現在地元政府と土地の購入や工場拡張について話し合いを行っている最中だ、とも地元メディアは報じています。
    iPhone SE「8月に発売」との噂も

    インドのテクノロジー系サイトTekz24Tekz24によると、新型iPhone SEは、外観は現行のiPhone SEとほぼ同じで、A10プロセッサ、2GB RAM、1,700mAhバッテリー、1,200万画素のリアカメラと500万画素のフロントカメラを搭載し、ストレージ容量は32GBと128GBとのことですが、これらの情報もあくまで参考までにとどめておいたほうがいいでしょう。

    iPhone SEについては、7月に「8月に発表」との噂も流れましたが、現時点ではまだそれらしき情報は出ていません。
    http://iphone-mania.jp/news-177093/
    3: 名刺は切らしておりまして 2017/08/05(土) 13:31:43.24 ID:9hATUPWq.net
    SEのモデルはずっと残してほしい

    画像の説明文

    コメント(0)  
    20170801nntt1

    1: 名無しさん@涙目です。 NG NG BE:422186189-PLT(12015).net
    子供に持たせる1台目にピッタリ?

    「goo」を運営するNTTレゾナントは、「gooのスマホ」の新モデルとなるスマートフォン
    『g06+』(グーマルロクプラス)を2017年7月31日に発売しました。

    「OCN モバイル ONE」のSIMカードとセットで販売され、価格は一括払いの場合で7800円(税別、SIMカード初期費用3000円含む)。月額380円(税抜)×24回の分割払いも可能ですが、この場合はSIMカード初期費用が別途発生するほか、「OCN モバイル ONE音声対応SIM」とのセット購入のみとなるそうです。

    20170801nntt3-470x314

    2016年に発売された『g06』の後継となる今回の『g06+』。約W63.2×H126×D10.8mmサイズの小型ボディに4インチディスプレイ(800×480ドット)を採用するなど、基本的な仕様は継承しつつ、OSがAndroid 6.0からAndroid 7.0へ、メモリが1GBから2GBへ、ストレージが8GBから16GBへとそれぞれ強化されているのが特徴です。プロセッサにはクアッドコアの「MT6737M」(1.1GHz)を搭載。カメラは背面が500万画素、前面が200万画素とまずまず。バッテリーは容量1700mAhです。

    低価格ながらもSIMスロットはmicroSIM×2のデュアルスロット。前モデル『g06』と同様にLTEに対応し、Band 1(2100MHz)、Band 3(1800MHz)、Band 19(800MHz)が利用可能です。3G(W-CDMA)ではBand 1(2100MHz)とBand 6(800MHz)をカバー。NTTドコモのFOMAプラスエリアとなるBand 6に対応するので、山間部などでも粘り強く電波を受信してくれるはずです。

    https://www.digimonostation.jp/0000108167/

    4: 名無しさん@涙目です。 2017/08/03(木) 03:26:38.29 ID:gW0QoEoC0.net
    4インチいいね
    画像の説明文

    コメント(0)  
    EG170703_01

    1: 名無しさん@涙目です。 NG NG BE:422186189-PLT(12015).net
    大手PCメーカーのASUSが2014年に発売したZenFoneシリーズは毎年好調な売れ行きを示しており、わずか数年で世界中に販路を拡大した。2017年は新モデル「ZenFone 4」シリーズを投入し、シェアをさらに伸ばそうとしている。

    しかしミッド・ハイレンジクラスのモデルではオッポ(OPPO)など新興勢が力を伸ばし、ASUSの強力なライバルとなっている。これまで順調に販売台数を伸ばしてきたASUSだが、ZenFone 4ではどうやって戦っていくのだろうか?

    今年のZenFone新モデルの名称は、7月に「ZenFone 4 Max」が発表されたことからわかるようにZenFone 4シリーズとなることが確定している。なお2014年に初代ZenFoneが登場した時にすでに同じモデル名があったことから、今年のZenFone 4は「ZenFone 4(2017)」として区別されるかもしれない。

    すでにASUSの決算説明会などでZenFone 4シリーズの概要はある程度伝わってきている。開発中のモデルはMax以外に、主力モデルとなるZenFone 4と、「ZenFone S」が予定されているとのこと。SはおそらくSelfieモデルと考えられる。また同社のジョニー・シー会長は6月頭に台湾で行われたZenFone ARの発表会の席で「今年のモデル数は昨年よりも半減させる」と話し、それにも関わらず目標販売台数は昨年の倍となる4000万台で、世界シェア3%、トップ10位以内に入ることを目指すという。

    http://japanese.engadget.com/2017/07/23/zenfone-4-asus-10/
    4: 名無しさん@涙目です。 2017/08/03(木) 03:02:49.79 ID:DGHhR7hQ0.net
    ZenFone3使いのワイ、特に必要性を感じず

    DSDSでMicroSD排他じゃなきゃ考えるが

    画像の説明文

    コメント(0)  
    huawei-apple

    1: ノチラ ★ 2017/08/02(水) 16:07:38.55 ID:CAP_USER.net
    米調査会社Strategy Analyticsは1日(現地時間)、2017年第2四半期(4月~6月期)の全世界のスマートフォン市場の動向を発表した。これによれば、出荷台数は前年同期と比較して5.5%増の3億6,040万台だった。

     メーカー別シェアでは、トップはSamsungで7,950万台(シェア構成比22.1%)、2位はAppleで4,100万台(同11.4%)で変わりはないが、いずれも構成比としては減っている。

     その代わり躍進したのは中国勢で、Huaweiは3,840万台(同10.7%)でAppleに肉薄する3位となったほか、OPPOは直前期から2.9ポイントを伸ばして2,950万台でシェア4位、Xiaomiも2.1ポイント伸ばして2,320万台でシェア5位につけた。
     
    http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1073848.html
    2: 名刺は切らしておりまして 2017/08/02(水) 16:11:10.72 ID:u2XqEh4V.net
    Samsungの終わりが見えて来たな~中国に代わるんだろうな

    画像の説明文

    スポンサードリンク

    このページのトップヘ