汎用型自作PCまとめ

当ブログは2ちゃんねるから「自作PC」「ITニュース」「ガジェットネタ」などをお届けするサイトです。

    スマートフォン

    コメント(0)  
    Mffc35PH77Dq7USrHb4qNm

    1: 名無しさん@涙目です。 NG NG BE:416336462-PLT(12000).net
    ポータル「テックレーダー」が今年2017年に発売された最良のスマートフォン15台を発表。「テックレーダー」のランキングにはプロセッサーの高速処理能力、デザイン、性能が加味されているが、主にはスマホの価格とクオリティーのバランスに大きな注意が割かれている。

    1位に輝いたサムスンのGalaxy S8は低価格でありながら豊富なコンテンツと秀逸なカメラ、画面で群を抜いている。2位にも同じくサムスンの Galaxy S8 Plus 、3位には Google Pixel 2が入った。​Apple社のスマホは iPhone X иとiPhone 8 Plusがそれぞれ4位と9位に入った。

    他にベスト10入りを果たしたのは華為技術有限公司のMate 10 Pro、サムスンの Galaxy Note 8、 LG のV30とG6 、中国のスマホメーカー OnePlusの5Tで、韓国メーカーの機種が断然多い5機、米国が3機、中国が2機となった。

    https://jp.sputniknews.com/science/201712314439422/

    3: 名無しさん@涙目です。 2017/12/31(日) 12:13:47.23 ID:+zKoyMjy0.net
    これからはiphone筆頭に中華スマホの時代だよな

    画像の説明文

    コメント(3)  
    hqdefault

    1: 名無しさん@涙目です。 2017/12/30(土) 13:28:42.06 ID:4FtP5BDR0●.net BE:988217843-2BP(2500)
    Androidスマホ4社「古いスマホの動作速度抑制はしていない」とコメント

    米メディアPhoneArenaがSamsungとLGに、The VergeがHTCとMotorolaに、古い端末の動作速度を引き下げる制御を行っているか質問した結果、各社ともそうした制御は行なっていない、と回答しています。

    スマートフォンでのAppleの最大のライバルであるSamsungは、以下のように回答しています。製品の品質はサムスンにとって、これまでも、これからも最も重要な事項です。私たちは製品のバッテリー寿命を伸ばすため、バッテリーの充電状態を管理するソフトウェアアルゴリズムを含む、複層化された安全対策を徹底しています。ソフトウェアアップデートを通じてCPUのパフォーマンスを低下させることはしていません。LGは、短いものの強い調子で動作の抑制は行なっていないと主張しています。絶対にしていないし、今後も絶対にしません。私たちは、お客様がどう考えるかを大切にしています。

    Apple、2018年前半にiPhone単体でバッテリー性能確認可能に
    Appleは、iPhoneに搭載されているリチウムイオンバッテリーが古くなり、出力が不安定になることで予期せぬシャットダウンなどが発生するのを避ける目的で、iPhoneの動作速度を引き下げていたことを認め、謝罪しています。Appleは、充電サイクルが500回を超えるとバッテリー性能が低下することをサポートページで発表していますが、iPhoneのバッテリーサイクルを調べるには、MacかWindowsパソコンが必要で、iPhone単体で調べることができません。Appleは、iPhone6以前のモデルについてバッテリー交換料金を一時的に引き下げるほか、2018年前半にiOSのアップデートによってiPhone単体でバッテリー状態を確認可能にする、と発表しています。
    http://news.livedoor.com/article/detail/14098161/

    8: 名無しさん@涙目です。 2017/12/30(土) 13:32:28.21 ID:HCpBvonX0.net
    でも爆発するんですよ

    画像の説明文

    コメント(0)  
    com

    1: trick ★ 2017/12/28(木) 15:27:49.41 ID:CAP_USER.net
    中国スマホ首位オッポ、日本参入 18年春にも  :日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO25201410Y7A221C1000000/?n_cid=TPRN0003
    2017/12/28 14:58日本経済新聞 電子版

     スマートフォン(スマホ)最大の市場である中国でシェア1位のOPPO(オッポ、広東欧珀移動通信)が、日本に参入する。2018年春にも通信会社を自由に選べるSIMフリー端末の国内販売を始め、大手通信会社での採用も目指す。中国国内や新興国で販売を拡大してきた中国スマホが品質を磨き、プレミアム市場である日本に挑戦しはじめた。

     オッポはこのほど日本法人を設立した。4月までに「格安スマホ」を主力とする仮想移…

    2: 名刺は切らしておりまして 2017/12/28(木) 15:28:31.07 ID:fN1MZIRB.net
    これマジ?
    待ってたよoppo
    画像の説明文

    スポンサードリンク

    このページのトップヘ