汎用型自作PCまとめ

当ブログは2ちゃんねるから「自作PC」「ITニュース」「ガジェットネタ」などをお届けするサイトです。

    ハードウェア

    コメント(0)  
    23588-ryzen-threadripper-pib-front-facing-1260x709

    57: Socket774 2017/08/23(水) 16:47:31.04 ID:NgIW2Ui2.net
    Ryzen Threadripperが突然の値下げ。1950Xは1万9000円,1920Xは1万4000円前後も安価に
    2017年8月23日付けで,「Ryzen Threadripper」に突然の価格改定が入ったようだ。
    秋葉原のPCパーツショップにおける店頭価格は,4Gamerで確認した限り,おおむね以下のとおりとなっている。

    Ryzen Threadripper 1950X:12万8000円(税込13万8240円)
    Ryzen Threadripper 1920X:10万2800円(税込11万1024円)

    発売時点における国内の想定売価は,Ryzen Threadripper 1950X(以下,1950X)が14万5800円(税込15万7464円)
    Ryzen Threadripper 1920X(以下,1920X)が11万5800円(税込12万5064円)だったから,税込価格で言えば,いきなり順に1万9224円,1万4040円の値下げとなったわけだ。
    ただし,Amazon.co.jpだと,まだ価格は反映されていない。現時点では主要なPCパーツショップのみで価格改定が入った状態である。
    ttp://www.4gamer.net/games/300/G030061/20170823069/
    61: Socket774 2017/08/23(水) 17:24:35.16 ID:lOloWbXB.net
    >>57
    今までどんだけボッてたんだって話

    画像の説明文

    コメント(0)  
    intel-logo

    1: 番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です 2017/08/22(火) 21:59:59.90 ID:VeuyKirI0.net BE:838847604-2BP(1536)
    インテルの新PC用プロセッサー、「10年に1度」の性能向上
    https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-08-21/OV1EUN6JIJUR01
      半導体最大手の米インテルは新しいプロセッサーがパソコン(PC)利用者が過去数年体験したことのないような高性能になると明らかにした。

      同社によると、第8世代の「Core」プロセッサーの性能は、従来品よりも最大40%向上。ほぼ間違いなく10年に1度の出来だという。このプロセッサーを搭載したPCは9月に発売予定。

      インテルのプロセッサーは、世界中に出回るPCの80%以上で使われている。PCの出荷は2011年をピークに下り坂。1億台余り減少した。そうした逆風の中においても、同社のPC向けプロセッサー部門は4-6月期(第2四半期)に12%の増収を達成している。
    2: 番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です 2017/08/22(火) 22:00:40.61 ID:pj7YC7t40.net
    雷禅どころかボジョレーレベルまで落ちるとは

    画像の説明文

    コメント(0)  
    in1

    340: Socket774 2017/08/22(火) 10:45:16.13 ID:34X2wxI/r.net
    大方の予想通りただの馴れ合いPR会でした

     メーカー9社によるCPUクーラーの紹介イベント「ツクモでCPUクーラー対決! ~人気メーカーによるガチバトル ~」が、ツクモパソコン本店4階で開催された。

     動作温度の比較はIntel Extreme Tuning Utilityのベンチマークを利用して行われ、3回計測した最後の最高動作温度を記録として採用し、動作温度の低さを競うかたちで実施された。

    in3

     ただし、会場自体の室温が安定しなかったこともあり、記録の計測自体は参考値ということで記録。一部のモデルは超静音仕様のままでの参戦となり、静音性は十分にアピールできたものの冷却性能をフルに発揮できず調整の難しさが笑い話になったりと、全体的には“ガチバトル”というよりは和やかな雰囲気の中で行われた。

    in4

     なお、CPUクーラーの設置は各メーカーの関係者が行い、その際に使用CPUクーラーの特徴や開発秘話などが語られ、今後登場予定の新製品なども紹介された。


     今回のイベントで1位の性能となったのはCorsairの水冷CPUクーラー「H110i」。2位のAntec MERCURY360、3位のThermaltake FloeRiing360(試作機)も水冷モデルと、上位陣は水冷モデルが独占。冷却性能の高さをうかがわせる結果となった。

    http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/news/news/1076293.html

    画像の説明文

    スポンサードリンク

    このページのトップヘ