160721arm01

1: ノチラ ★ 2017/07/16(日) 17:41:14.27 ID:CAP_USER.net
ソフトバンクグループは昨年、3.3兆円をかけて英半導体設計大手のARMを買収した。スマートフォン向けCPUなどで豊富な実績を持つARMだが、ソフトバンクグループはなぜ、それだけ巨額の資金を投じてARMを買収したのか。またARMの買収によって、ソフトバンクグループは何を目指そうとしているのだろうか。

大半のスマートフォンに採用されているARMの技術
これまで、英ボーダフォンの日本法人や米スプリントなど、大規模な企業買収を繰り返して大きな驚きを与えてきたソフトバンクグループ。だがそうした中でも最も大きな規模の買収となったのが、昨年買収した英ARMである。

ARMはCPUなどの設計を手掛ける企業で、その設計を、CPUなどを開発・製造するメーカーにライセンス提供し、ロイヤリティを得るというビジネスを展開している。それゆえ同社の設計を採用する企業には、スマートフォン向けのチップセット「Snapdragon」シリーズで知られる米クアルコムなど、非常に多くの企業が名を連ねている。

ARMの設計を採用したチップセットは多種多様な機器に搭載されているが、中でもよく知られているのは、やはりスマートフォンやタブレット向けのチップセットであろう。今やスマートフォンの9割以上はARMの設計を採用したチップセットを採用していると言われており、スマートフォン開発になくてはならない存在となっているのだ。

だがARMの買収と、これまでソフトバンクが巨額で買収した企業とを比べると、ある大きな違いが見られる。それは、ARMが経営不振に陥っているわけではないということだ。

ボーダフォンの日本法人やスプリントの買収は、日米の携帯電話事業への新規参入が主な理由である。だがそれ以前に両社とも、ソフトバンクグループに買収される以前は業績を大幅に落とし、経営不振に陥っていた。つまりソフトバンクグループにとって、買収は事業参入のチャンスをつかむだけでなく、経営を立て直し業績を回復させることで、売上を拡大させる余地があったからこその買収ともいえるわけだ。

だがARMに関して言うならば、半導体設計事業に参入するというサプライズはあるものの、経営は順調であることから、ソフトバンクグループが関与することで業績を大きく伸ばす余地は、あまりないように見える。にもかかわらず、ソフトバンクグループがあえてARMを買収したのはなぜなのだろうか。

その主な理由として挙げられるのは、ソフトバンクグループが現在力を入れている分野の1つである「IoT」にある。

あらゆるモノがインターネットに接続するというIoTの概念が広まれば、インターネットに接続するデバイスの数は、現在のスマートフォンやパソコンの比にならない規模となる。だが一方で、モノがインターネットに接続するためには、モノ自体も携帯電話からスマートフォンに変化したときのように、モノ自体がコンピューター化する必要が出てくる。 あらゆるモノがコンピューター化した場合、スマートフォンと同じように、モノにもCPUやメモリ、通信機能などが内蔵される時代がやってくることとなる。そうなれば、ARMの設計を採用したチップセットが、スマートフォンからあらゆるモノへと広がることとなり、それに伴ってチップセットの販売拡大、ひいてはARMのライセンス収入拡大へとつながっていくわけだ。

しかもARMのCPU設計は省電力性に優れていることから、他社のCPUと比べIoTデバイスに搭載するのに適している。それだけに、IoTデバイスが広がるほどARMの業績が急拡大する可能性が高く、ソフトバンクグループはそこに目を付けてARM買収に至ったと見ることができるだろう。

とはいうものの、将来の売上拡大を見越しての買収に、3.3兆円もの投資をするというのはリスクが高いように思える。ソフトバンクグループがARMを買収したのには、売上の拡大だけでなく他にも大きな理由があると考えるべきだろう。
以下ソース
http://news.mynavi.jp/articles/2017/07/15/softbankgroup/
引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1500194474/

6: 名刺は切らしておりまして 2017/07/16(日) 18:06:50.47 ID:UwWCCss3.net
単に投資対象として美味しかったからだろ

3: 名刺は切らしておりまして 2017/07/16(日) 17:49:56.84 ID:vDpYW/fX.net
fon japanのようにはしないでね

21: 名刺は切らしておりまして 2017/07/16(日) 18:46:47.42 ID:n1XkSXWn.net
ARMに3.3兆円突っ込んだ禿は2兆円で買える東芝メモリには興味なし。

12: 名刺は切らしておりまして 2017/07/16(日) 18:16:58.93 ID:mGDdfMu2.net
新しいデバイス、新しい技術が出てきて、あっという間に過去の遺物となるようなリスクはないのか?

ソフトバンクも恐竜と、化してきつつある。

14: 名刺は切らしておりまして 2017/07/16(日) 18:22:09.32 ID:C8YsGLi/.net
>>12 ハードを作って売る商売にはそういうリスクがあるが、ARMはあくまでも設計の会社だからな。
常に最新の技術を使って設計できるからあまり心配はない。 少なくとも10年後までは大丈夫。

32: 名刺は切らしておりまして 2017/07/16(日) 19:14:45.33 ID:i61TbcG5.net
ムーア則が破綻してきてるのがポイントだろうな・・・
超微細加工が可能な工場の物凄い投資に見合った売り上げも(そして性能も)得られなくなってきてる

インテルのプロセッサはハンドヘルドの携帯機器にはまったく合わないし
スパコンも省電力なプロセッサを山のように積んで・・・というのが普通になるだろうしで

37: 名刺は切らしておりまして 2017/07/16(日) 19:36:01.23 ID:yf803h0y.net
>>32
インテルというかx86の後方互換最重視アーキテクチャじゃARMの消費電力に太刀打ち出来んやろしなあ

51: 名刺は切らしておりまして 2017/07/16(日) 21:24:45.10 ID:5iacw6f2.net
それと、孫社長も、スプリントの有害性には直感で気づいているから、
バフェット氏にあったりしているのだろう。

61: 名刺は切らしておりまして 2017/07/17(月) 06:41:09.66 ID:mTLl1oBy.net
>>51
スプリントの持ってるband見てみ。
狙いは5G、IoTでいいポジションにいるぞ。

48: 名刺は切らしておりまして 2017/07/16(日) 20:58:23.09 ID:NeYywljj.net
IoTの肝はCPUコアよりも無線ネットワーク系特許だよなぁ。
Qualcommは買収するにはでかいけど。

49: 名刺は切らしておりまして 2017/07/16(日) 21:16:35.49 ID:9n1A9E12.net
>>48
その分野は米英の安全保障と直結するから
横槍が入ると思うなあ…