汎用型自作PCまとめ

当ブログは2ちゃんねるから「自作PC」「ITニュース」「ガジェットネタ」などをお届けするサイトです。

    スポンサードリンク

    コメント(2)  
    1: trick ★ 2018/01/13(土) 18:00:48.36 ID:CAP_USER9.net
    インテル製品に新たな脆弱性発見、フィンランドのセキュリティー企業 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
    http://www.afpbb.com/articles/-/3158383

    img_f59394fa1e27473f9a1eb8e353a46cb0120975

    2018年1月13日 14:18 発信地:パリ/フランス

    【1月13日 AFP】米インテル(Intel)製のハードウエアに企業向けノートパソコンの遠隔操作を可能とする新たな脆弱(ぜいじゃく)性が見つかった。フィンランドのサイバーセキュリティー対策の専門企業Fセキュア(F-Secure)が12日、明らかにした。

     Fセキュアの声明によると、この脆弱性は最近見つかったほぼ全てのパソコンやタブレット、スマートフォンで使われているCPUに関する脆弱性「スペクター(Spectre)」や「メルトダウン(Meltdown)」とは無関係。しかし、「大半の企業向けノートパソコンに一般的に搭載されている」機能、インテル・アクティブ・マネジメント・テクノロジー(AMT)に関するもので、「攻撃者があっという間にユーザーの機器を乗っ取ることが可能」となり、世界中の数百万台のノートパソコンに影響を及ぼす恐れがあると同社は警鐘を鳴らしている。

     攻撃者はまず、当該のノートパソコンに物理的にアクセスする必要がある。しかしいったん攻撃者にAMTを再設定されてしまうと、「(暗号やユーザー管理システムなどの)抜け穴」を設置されたのも同然となり、遠隔操作されてしまう恐れがある。

     この脆弱性の悪用を防ぐことのできるセキュリティー対策は限定される。

     インテルやAMD、ARM製のチップの脆弱性「スペクター」や「メルトダウン」の発見を受けて、アマゾン(Amazon)、グーグル(Google)、マイクロソフト(Microsoft)、モジラ(Mozilla)など大手企業は脆弱性に対処するためのアップデートやパッチの提供に追われている。(c)AFP

    9: 名無しさん@1周年 2018/01/13(土) 18:03:18.68 ID:o4uAiZK50.net
    こんなの普通に出来ることなの?

    画像の説明文

    コメント(1)  
    17a08c90-s

    1: trick ★ 2018/01/13(土) 16:59:36.79 ID:CAP_USER.net
    値上がりは続くが、容量はケチれない。2018年、メモリ購入の条件 - PC Watch

    何と1年前の2倍に値上がり! この局面をどう乗り切る!?
     DOS/V POWER REPORT2018年2月号(12月27日発売)では、「PCパーツ100選+600」と題して、 第8世代CoreプロセッサーとRyzenの登場で盛り上がりを見せるCPU市場を筆頭に、マザーボード、メモリ、ビデオカード、SSD、HDD、PCケース、電源、CPUクーラーなど、主要ジャンルのパーツを紹介しています。124ページ(!)という超特大ボリュームの特集から、ここでは高騰続くメモリにまつわるトピックを抜粋して掲載します。特集の全貌はぜひ本誌を購入してお楽しみください。

    MEMORY-01_o


    トピック1 高騰続くメモリ市場 “買い時”はある?
     メモリ価格の上昇が続いている。上のグラフに見るように、とくに主流のDDR4では顕著。もっとも安かった2016年夏に比べると3倍前後、12月に入ってもさらに上昇している。過去の価格を知ってしまうとどうしても購入を躊躇してしまうが、今購入を避けたところで、この先以前の価格まで下がる保証はない。むしろ、スマートホンでもPCでも大容量の需要が高まる一方で、トップメーカーの生産体制に大きな変化は見られない。さらに上昇を続ける可能性もある。あまり相場のことは考えずに欲しいときに買うのがよいだろう。なんらかのイベントに絡めたセールなど、特価販売は期待できるので、そうしたものもうまく利用したい。

    (続きはこちら)
    https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1099752.html
    PC Watch編集部2018年1月9日 06:00


    2: 名刺は切らしておりまして 2018/01/13(土) 17:03:46.50 ID:FfmcII6X.net
    右往左往している暇もない状態か……

    画像の説明文

    コメント(0)  
    Use-keylogger-735x400

    1: KingFisherは魚じゃないよ ★ 2018/01/12(金) 23:31:25.87 ID:CAP_USER9.net
    監視されているかも? HP社製ノートパソコンからキーロガーを削除する方法

    あなたがHP社のノートパソコンを使っているなら、キーボードの入力を覗き見されている可能性があります。Hセキュリティ研究者のMichael Myng氏から指摘を受けたあと、HPは自社のノートパソコンにキーロガーがインストールされていることを認めました。

    キーロガーとは?キーロガーとは、名前のとおり、キーボードの入力信号を監視・記録するソフトウェア、およびハードウェアのことです。

    ハッカーにキーロガーを使われると、ユーザーの銀行口座のパスワード、社会保障番号などの個人情報を盗まれる可能性があります。

    HP社によると、このキーロガーは、サードパーティのSynapticsタッチパッドのドライバに含まれ、デフォルトでは無効になっているとのこと。とはいえ、パソコンを直接操作したり、遠隔操作することでキーロガーを有効にすることは可能です。

    (hpサポートページ)
    https://support.hp.com/jp-ja/document/c05827409

    (続きはこちら)
    https://news.biglobe.ne.jp/it/0112/lfh_180112_3957080959.html

    2: 名無しさん@1周年 2018/01/12(金) 23:37:23.74 ID:d8CWHXwB0.net
    あらかじめ仕込んでたの?

    画像の説明文

    コメント(0)  
    1: ノチラ ★ 2018/01/12(金) 19:34:52.87 ID:CAP_USER.net
    アジャイル開発宣言は2001年に発表された。「アジャイル」という言葉が登場すると、それ以前からあった「スクラム」や「XP(Extreme Programming)」をはじめとする軽量開発手法を総称する新しい呼び名として、大きなムーブメントとなった(ただし、注目を集めたのはソフトウエア開発の文脈においてであり、ムーブメントはソフトウエア開発者のコミュニティ内に限られていた)。アジャイルは、ソフトウエアエンジニアの草の根活動から始まったと言える。

     以下に、有名なアジャイル開発宣言を引用する。

    img_beac23ba7fda659ca8c81c4921c1832c82100

    この宣言は今でも色褪せないが、読んでみて分かるようにウォーターフォール型開発へのアンチテーゼとしての色彩を帯びている。

     左に書かれていることを重要としながらも、右側がより価値をもつ、という宣言になっており、よく見ると左側に書かれていることは、ウォーターフォール型のプロジェクトマネジメントではまさに最重要項目とされてきたことだ。

     もう1つのポイントは、これ自体が「アジャイルソフトウエア開発宣言」という名称をもつことからも分かるように、「ソフトウエア」を「つくる」側に力点が置かれており、ソフトウエア開発者側からのメッセージだったことだ。1990年代後半から2000年前半のアジャイルは、このように開発者の視点に立って、ビジネスにいかに貢献するかを目標に掲げていた。
     
    (続きはこちら)
    http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/51870

    4: 名刺は切らしておりまして 2018/01/12(金) 19:48:17.81 ID:gKvozVbF.net
     ,;:⌒:;,
    8(・ω・)8 一歩間違えればグダグダになりかねん

    画像の説明文

    コメント(1)  
    iphone-x-charging-01

    1: ノチラ ★ 2018/01/12(金) 17:11:24.94 ID:CAP_USER.net
    絶好調の2018年第1四半期の売上予測を示しているアップル。その背景には、新機軸を打ち出した「iPhone X」の大ヒットがあると見られるが、今年もアップルはその好調ぶりを維持できるだろうか。その鍵を握るのは、やはりiPhoneとなりそうだが、アップルは今年、どのようなiPhoneを投入すると考えられるだろうか。

    新機軸を求める声に応えて好業績を予想
    アップルにとって、昨年は新たな転換期を迎えた年だったといえるだろう。その理由は、ホームボタンを排して前面がディスプレイを占めるデザインを採用し、指紋認証の代わりにAI技術を活用した顔認証システム「Face ID」を搭載するなど、新機軸を打ち出した新しいiPhone「iPhone X」にあるといって過言ではない。

    アップルは2014年の「iPhone 6」以降、2017年に発売された「iPhone 8」に至るまで、4世代にわたって同じ形状のデザインを採用してきた。iPhone 6の発表当初は、それまでのiPhoneより大画面のディスプレイを採用したこと、さらにより大画面の「iPhone 6 Plus」シリーズを投入したことで大きな支持を集めたが、4世代も続くとさすがに「代わり映えがしない」という印象を消費者に抱かせていたのは事実だろう。

    事実、iPhone 8/8 Plusの発売に際しては、従来のiPhoneのように予約が殺到して買いづらくなる事態は起きていない。またそれを販売する大手キャリアも、事前予約数は前モデルの「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」より落ちている旨の発言をしていた。

    しかしながら、iPhone 8/8 Plusの発売から約2カ月後に発売されたiPhone Xに関しては、Apple Storeや大手キャリアの予約サイトにアクセスが殺到して繋がりづらい事態となり、各キャリアはiPhone Xの事前予約数が、iPhone 8/8 Plusを大きく超えるに至ったとしていた。部材や製造技術などの問題から、当初より出荷数が少ないと言われていたとはいえ、1カ月以上入手しづらい時期が続いていたことからも、その人気の高さをうかがい知ることができる。

    またiPhone Xは、最も安いモデルであっても日本の価格で10万円を超えるというかなり高額なモデルだ。にもかかわらず、より安価なiPhone 8/8 Plusよりも、iPhone Xに人気が集中したことは、いかにアップルに新規性が求められていたかを示していたといえる。

    そしてiPhone Xの好調は、アップルの業績にも大きく反映されているようだ。アップルは2018年第1四半期(2017年10~12月期)の売上高予測を840~870億ドル、日本円にして約9.5~9.9兆円と予測している。2017年度第1四半期の売上が784億ドル、日本円で約8.9兆円だったことを考えると、大幅な売上増を達成する可能性があるわけだ。

    以下ソース
    https://news.mynavi.jp/article/20180112-apple-iphone/

    2: 名刺は切らしておりまして 2018/01/12(金) 17:15:46.64 ID:VFpBQsnJ.net
    10万でX買うのとノーパソ買うのどっちがいいの?

    画像の説明文

    コメント(1)  
    top

    1: (?∀?(⊃*⊂) ★ 2018/01/13(土) 09:28:14.99 ID:CAP_USER9.net
    ミクシィがSNS「mixi」が閉鎖する――こんなうわさが1月12日、Twitterで出回った。ミクシィは「閉鎖の予定はございません」と、うわさを否定している。

    うわさのもとになったのは、あるTwitterユーザーの12日朝の投稿。

    ミクシィ傘下のチケット転売サイト「チケットキャンプ」について伝える新聞記事に「親会社『ミクシィ』も同月末、5月で同サイト(※編注:チケットキャンプを指す)を閉鎖すると発表した」と書かれていたのを誤解したようで、記事のキャプチャとともに「mixiも閉鎖」などと投稿。この投稿の「mixi閉鎖」の文字だけが一人歩きし、「mixiが閉鎖される」とのうわさがTwitterで出回った。

    ミクシィは12日夕、mixiの公式Twitterを通じて閉鎖のうわさを否定。
    「閉鎖の予定はございませんのでご安心ください」と投稿した。この投稿には、「なくならないでください」「絶対に存続していってください」などmixi応援のリプライが多数届いている。

    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1801/13/news019.html

    4: 名無しさん@1周年 2018/01/13(土) 09:29:49.94 ID:fC9GkzEl0.net
    まだあったのか

    画像の説明文

    コメント(1)  
    IBMPower-e1414103391770

    1: サーバル ★ 2018/01/11(木) 17:56:27.01 ID:CAP_USER9.net
    IBM、脆弱性「Meltdown/Spectre」への対策を「POWER」CPU向けに公開

    2018年01月11日 10時50分
    Liam Tung (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

     IBMは同社の「POWER」CPUが、脆弱性「Meltdown」および「Spectre」の影響を受ける可能性を認め、フィックスの提供を開始した。

     同社は「POWER7+」および「POWER8」CPU向けのファームウェアアップデートを公開した。「POWER9」のフィックスも米国時間1月15日にリリースされる予定だ。

     IBMはこれまで、「Power System」がMeltdownとSpectreの影響を受けることを完全には認めていなかったが、Red Hatは3日のアドバイザリで、IBMの「System z」、POWER8、およびPOWER9システムを対象とするエクスプロイトが存在すると述べていた。

     IBMはその後、「影響を受けるかもしれない」Powerプロセッサ向けにパッチをリリースする予定があると述べ、同社のストレージアプライアンスは影響を受けないことを指摘した。同社は、「System z」メインフレームシステムが無防備であることは認めなかったが、ユーザーに対して、System zポータルをチェックするよう推奨している。

    (続きはこちら)
    https://japan.zdnet.com/amp/article/35112986/?__twitter_impression=true

    26: 名無しさん@1周年 2018/01/12(金) 18:39:15.76 ID:4fCgYa8T0.net
    IBM、お前もか。

    画像の説明文

    スポンサードリンク